街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

柴犬の可愛さや魅力を知ろう

2015年07月21日(火)
0 0 0 0

仕草や表情が愛らしい柴犬

人気のペットとは

ペットの代表と言えば、犬や猫ではないでしょうか。
犬や猫を何匹も飼っているという家庭も多いでしょう。
犬も猫もたくさんの種類がいるため、人それぞれ好みが分かれると思います。
犬で考えてみると最近の傾向としては、小型犬が特に人気のようです。
賃貸物件でも飼うことできる小型犬は、多くの人が飼いやすいのではないでしょうか。

柴犬の魅力

小型犬のなかでも、ぬいぐるみのような見た目のトイプードルや大きな目のチワワなどがペット人気ランキングの上位に来ています。
フランスが原産国のトイプードルやメキシコが原産国のチワワなども可愛いですが、日本犬にも可愛い種類はたくさんいます。
日本犬の代表的な種類としては、秋田犬や北海道犬などがいます。
日本犬は、国の天然記念物にも指定されており、大事にしなければならない犬種です。
天然記念物に指定されている日本犬ですが、唯一の小型犬であるのが柴犬です。
柴犬は、警戒心が強いですが、家族や飼い主を大事にする傾向にあり、忠実で従順です。
しかし、人間も一人ひとり性格が違うと同じで、同じ柴犬でも性格や特徴は違います。
子犬のときから、家族以外の人にも触れ合わせることで社交的な性格に育てる事もできるでしょう。
病気にも強い犬種なので、飼いやすいのではないでしょうか。
柴犬は顔つきが二種類に分かれているのも特徴です。
キツネ顔といわれている縄文柴は、すっきりと引き締まった顔つきです。
かっこいい印象を与えるでしょう。
もう一種は、タヌキ顔といわれている新柴犬です。
丸顔でタヌキに似ており、しっかりとした体系です。
愛らしい印象を与えると思います。
柴犬のなかでも、小型な豆柴も最近人気があります。
実際、豆柴という犬種は存在しませんが、柴犬より小さめなので更に可愛く見えるのではないでしょうか。

柴犬や豆柴の飼い方

豆柴を飼ったつもりでも、成長していくと柴犬並みの大きさまで育ったと言う声も耳にします。
子犬で豆柴と柴犬の違いを見分けるのは、専門家でも難しいと言われています。
そのため、ペットショップでは豆柴といわれておきながら柴犬が販売されている事もあるようです。
豆柴が欲しいのであれば、信頼できるブリーダーさんなどを頼るようにしたほうが安心できるでしょう。
子犬を向かえ入れる前に、食器や首輪、リードなど必要なものを揃えるようにしてあげます。
飼育する場合、一番重要になるのが食事だと思います。子犬時代は、ブリーダーさんのところで食べていたような食事をさせてあげると良いでしょう。
散歩をすることで、コミュニケーションをとることができるのでたくさん一緒に遊んであげると良いと思います。

執筆者:yuumi

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?