街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

区をまたがるJR駅

2015年07月28日(火)
0 0 0 0

JR九州!笹原駅

井尻地区最寄りのJR駅とは、、

本日は、福岡市南区井尻にございます、JR笹原駅についてご紹介致します。

笹原駅は、井尻3丁目にある鹿児島本線の駅の一つです。
その歴史は、昭和62年3月9日、日本国有鉄道(国鉄)により開設されました。現在の竹下駅、南福岡駅間が約4.0kmあり、住宅地内の路線としては長いということで計画されたことが始まりです。
しかし、その年の4月1日、国鉄分割民営化によりJR九州の駅となりました。そのため、国鉄としての駅で運営されたのは、たった23日間だけでした。


そんな笹原駅の名前の由来をご紹介致します。

笹原駅が開設された当時、既に西鉄大牟田線井尻駅が開設されていました。
その当時、その土地周辺は笹が生い茂っている「笹原」と呼ばれる野原だったそうです。そのため、そこからそのまま「笹原駅」と名付けたそうです。

現在の笹原駅

平成初期から駅が改装され、地下道や西口・東口が設置された笹原駅ですが、現在ではバリアフリー工事なども進み、この駅の開業でさらにマンション等の建設が進み、住宅開発が活発となりました。

この笹原駅、
西口や東口が設置されたことで、
駅自体は南区井尻3丁目に位置しますが、東出口は、博多区諸岡5丁目に所在するという区をまたぐ珍しい駅となっております。


博多区民、南区民、沢山の方の足となっているJR笹原駅、
是非ご利用下さい!

執筆者:橋口 結花

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?