街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(生活コラム)節約>料理に合った鍋を選んでガス代を節約しよう

料理に合った鍋を選んでガス代を節約しよう

2015年07月29日(水)
0 0 0 0

料理に合った鍋を使っていますか?

ガス代の節約につながる鍋選び

毎日料理のために使うのがキッチンです。毎日使う場所だからこそ、上手に利用して節約に努めたいものですね。
そして料理のために使うのがガスです。中にはIHを使っている人もいるでしょう。節約を心がけている人は、どんなことに注意して毎日料理していますか?ガス代を節約するためには、まず調理にあった鍋を選ぶことが大切です。鍋の種類を考えてみましょう。

料理の用途に合った鍋は?

知っている人も多いかもしれませんが、鍋の構造や厚みによって熱効率が変わってきます。料理に合わせた鍋を選ぶことで、ガス代の節約に繋がります。
まず、みそ汁は毎日の食卓で欠かせないものですね。みそ汁はどんな鍋で作っていますか?みそ汁はすぐに作りたいものです。そこですぐにお湯を沸かして作るために、ステンレス製の薄手の鍋がぴったりです。逆にじっくりと煮込んでしっかりと味を染み込ませたい料理に向いている鍋はどんなものでしょう?煮込み料理に向くのが厚手の鍋です。厚手の鍋なのでお湯が沸くまでは時間が掛かってしまう厚手の鍋ですが、厚手の鍋であれば余熱を利用して味を染みこませることができます。
そして、鍋の利用で重要なのがふたの利用です。ふたをするかしないかで熱効率が大きく変わってきます。ふたをすることでガス代も結構違ってきますよ。

フライパンでパスタをゆでてガス代節約♪

フライパンはどこの家庭にも必ず一つはある調理器具のひとつですね。フライパンを買うときにあわせてふたを買ってみましょう。
フライパン料理でもふたをすることで調理時間が変わってガス代の節約につながるかもしれません。
ところで、みなさんパスタをゆでるときには鍋を使うことが多いのではないでしょうか。大きな鍋に水を入れて沸かすと、水の量もたくさん必要ですし、お湯を沸かすまでにも時間が掛かってしまい、ガス代も掛かるでしょう。最近ではレンジでパスタをゆでる方法もありますが、フライパンでパスタをゆでることもできます。
テレビの番組でも紹介されて知っている人もいるでしょう。フライパンにお湯と塩を入れて沸騰させたところにパスタを入れます。
パスタがくっつかないように少しかき混ぜたら、ふたをして火を止めパスタのゆで時間まで保温します。時間がきたら後はいつもと同じで、お湯を捨ててパスタの湯きりをします。この方法でパスタをゆでると、水もガスも節約することができます。ガスに限らずIHでも同じ方法でゆでることができます。パスタのゆで具合はフライパンの種類や火力などによって変わってくるので、自分で調整してみましょう。

執筆者:chiharu

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?