街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

出産後の体は休ませてあげよう

2015年08月02日(日)
0 0 0 0

出産後の生活を考えてみよう

出産後ってどうなるの?

妊娠中は、出産時のことを考える妊婦さんは多いです。どのくらいで生まれるのか、どのくらい痛いのかなど気になることがたくさんあるでしょう。
しかし、出産経験がある女性のほとんどが出産後にも体の不調や悩みを訴えています。
出産についての知識も必要ですが、健康的に過ごすためには出産後の生活についても考えておくと良いと思います。
妊娠中の期間に出産後の生活についてもしっかりと予習をしておきましょう。

どうして一ヶ月間ゆっくり過ごさないといけないの?

出産後一ヶ月は、寝たきりの状態でいましょう。というのを聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。
しかし、なぜそのようなことが言われているのか、実際に出産経験のある女性は守っているのかなど疑問に思うことは多いと思います。
そもそも出産後六週間から八週間は、産褥期(さんじょくき)と呼ばれており体を回復させる大事な時期です。
妊娠期間に、様々な体の変化を感じたと思います。
たとえば、子宮は赤ちゃんを育てるために大きくなりましたが、出産後は収縮していくものです。
出産後一ヶ月は、妊娠前の体に戻るための時間として使うために、ゆっくりと過ごしましょう。と言うことが言われています。
この期間に無理をしてしまうと、一ヶ月検診や、更年期の体調に影響してしまいます。
頑張りたい気持ちをグッと抑えてゆっくりと過ごせるように心がけましょう。

出産後の具体的な過ごし方って?

退院後は、お布団に寝る事が中心の生活をしましょう。家事は、旦那さんや家族にお願いをして、赤ちゃんの授乳などに専念します。
退院直後は、入浴ではなくシャワーで簡単に済ませるようにしましょう。
赤ちゃんの沐浴なども、家族にお願いできるのであれば、お願いするのが理想的です。
赤ちゃんには、夜中にも授乳を行なったりするので睡眠不足に陥ることになります。
赤ちゃんと一緒にお昼寝などを積極的にして睡眠をしっかりととるようにしましょう。
また、出産後もバランスの取れた食生活を送るようにします。
妊娠中は、赤ちゃんの為にバランスの取れた食事をしていたでしょう。
出産後は、授乳によって赤ちゃんに栄養を送ることになるので、水分やたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどをしっかりと取るようにします。
赤ちゃんに母乳をあげると、母親の体も妊娠前の状態に戻りやすくなるというメリットもあります。
赤ちゃんは、旦那さんや家族など周囲と協力して育てていくものです。
出産後にお母さんが頑張りすぎずに、周囲に甘えられることは甘えるようにしましょう。

執筆者:yuumi

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?