街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(地域密着コラム)子育て>福岡市早良区百道浜「ロボスクエア」

福岡市早良区百道浜「ロボスクエア」

2015年08月03日(月)
0 0 0 0

福岡タワーの隣のビルにあります

ロボットのいる生活

8月に入り、お子さんたちの夏休みも中盤に差し掛かってきました。
そこで今回は「どこか連れて行ってよー」「自由研究何にしよう?」などと言われてお困りの親御さんにぴったりのスポットをご紹介します。
早良区百道浜、博物館と福岡タワーの間にあるTNC会館に入っている「ロボスクエア」です。
昔のAIBOや最近ではPepperなど、ロボットは私たちの身近な存在となっています。
長崎県佐世保市にあるハウステンボスでは2015年7月、ロボットが全ての接客をする「へんなホテル」が開業して話題になっています。ロボットの活躍の場は思っている以上に世の中に広がりつつあります。
ここ「ロボスクエア」では、ロボットの展示やイベント、工作教室などを通じて、人とロボットの共生を理想的なものにしていくための様々な体験をすることができます。
プログラムに従ってダンスをするロボット、おしゃべりができるロボット、なかにはチラシ配りやティッシュ配りができるロボットまでいるんですよ。
お子さんもロボットと触れ合うことで、未来について考えるいいきっかけになるかもしれませんね。

ロボットを作ってみよう!

ここでぜひ体験してほしいのが「ロボット工作教室」です。
長期の休みに入るとき、学校から案内のチラシをもらってきたことのあるお子さんもいると思います。
小さなお子さんは保護者の付き添いが必要ですが、簡単な工作もあるので低学年の子でも十分楽しめます。
太陽光でぴょんぴょんはねるバッタ、燃料電池で走るおもちゃの自動車、難しいものでは2日間かけて作り、コンテスト出場を目指す有線型火星探査機ロボットなんてのもあります。
自分で作ることで仕組みもよくわかり、興味を持ちその道を進むお子さんもいるかもしれませんね。まさに将来のロボット研究者の入門教室といった感じです。
夏休みに入って家でごろごろしていた子供が、目をキラキラさせてロボットを作っているのを見るのはとってもいい思い出になりますよ。
工作教室は定員がありますので、予約をしてからお出かけください。
それでは、サイバーでクリエイティブな夏休みを!

執筆者:佐野 亮

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?