街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(生活コラム)節約>出費をしっかり管理しよう!家計簿の付け方

出費をしっかり管理しよう!家計簿の付け方

2015年08月02日(日)
0 0 0 0

家計簿や家計簿アプリを使って、毎月の出費をしっかり管理しておこう

気がついたらこんな残高?とならないように家計簿をつけよう

30歳になるまでに貯金○○○万円!
など、目標を立てて貯蓄をしている方も多いですよね。
毎日の暮らしや遊びも大事ですが、将来のことを考えると貯金があると安心です。
また、貯金をしている方の中には家計簿を付けている方も多いのでは?
月々の収入や出費を把握するために家計簿は欠かせない存在です。
自分がどんな事にお金を使っていて、どの位貯金に回せているのかを知っておくと、月々の節約もしやすくなります!
しかし、中にはなかなか家計簿を付けられない方も多いでしょう。

家計簿って面倒…。そんな時はアプリを使おう

ダイエットや毎日の運動、資格の勉強など…。
面倒な事は、つい後回しにしがちです。
一人暮らしをしている方にとっての「家計簿」も、似たような存在なのでは?
やらなきゃいけないと頭では思っていても、今日は疲れたから明日から…。なんて思っていたらいつまで経っても三日坊主のままです!
なるべく気軽に家計簿を付けられるようにするために、スマートフォンに家計簿アプリを入れてみてはいかがでしょうか。
スマートフォンなら毎日手にする物なので、まめに「家計簿を付けなきゃ!」という気分になるでしょう。
中にはレシートをカメラで撮影すると内容が反映される家計簿アプリもあるので、レシートの整理をするだけで家計簿を付けることができます。
スマートフォンのアプリには様々な物があるので、自分に合った機能が付いたアプリを選択してみると良いかもしれません。

家計簿を付けるなら紙がいい!どんな項目で分ければ良いの?

しかし、スマートフォンのアプリはしばしば強制終了が起こります。
頑張って入力したのに、データが飛んでしまったらショックですよね…。
そんな心配が要らないのは、やはり昔ながらの紙でできた家計簿。
文房具店や雑貨屋さんでは様々な家計簿が売られていますが、余った大学ノートでも家計簿を付けることができます。
ざっくりとした作りで良いという方は、毎月の収入額と出費内容とその金額、月末のトータルを記入するだけで十分でしょう。
出費内容は食費や水道光熱費、通信費や交通費といった必ず必要になる固定費と、交際費や遊興費、美容費など、雑費の2つに分けると管理しやすいと思います。
よく記入する項目があるという方は、もっと細分化してみても良いかもしれません(例:通信費→携帯電話料金・インターネット代など)。
また、アプリにしても紙にしても、最初に貯金の目標額を設定しておくと貯金に対してやる気が起きます♪
自分に合った方法を選んで、家計簿を日々の習慣にしましょう!

執筆者:koizumi

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?