街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(生活コラム)ガーデニング>ダイエットの強い味方!フェンネルを育ててみよう

ダイエットの強い味方!フェンネルを育ててみよう

2015年08月03日(月)
0 0 0 0

ダイエット効果があるといわれているフェンネルの力とは?

ダイエットには新陳代謝も重要

皆さんの中には、今まさにダイエットに励んでいる最中という方もいるのではないでしょうか。
夏は薄着になるので、普段よりも体型が気になりますよね。
恥ずかしくない水着姿を見せるためにダイエットをしている方も多いと思います!
しかし、規則的な運動や食事制限は大変ですよね…。
「あの子は特に努力もしてなさそうなのに、なんで痩せてるの?」
そう考える事もあるのではないでしょうか?
たくさん食べて、あまり運動もしていなさそうなのに痩せている…。そんな方は、基礎代謝が人よりも高いのかもしれません。
基礎代謝とは特に運動をしていない状態で消費するカロリーの事で、基礎代謝が高いと消費するエネルギーも多くなります。
基礎代謝は主に身体の筋肉量によって変わりますが、新陳代謝を促進させる成分を摂る事でも上げる事ができます!
今回は、新陳代謝を促進させる効果のあるハーブ「フェンネル」について紹介しましょう☆

フェンネルってどんな植物?フェンネルの効果

フェンネルは歴史上最も古い作物の一つで、古代ローマや古代エジプトでも育てられていたと言われています。
料理のスパイスとしても使われており、日本でも岩手県や長野県で栽培されているようです。
そのため、皆さんも名前は聞いた事があるのではないでしょうか。
スパイスであるという事から察せられるとおり、フェンネルには発汗作用があります!
汗をかくと身体の新陳代謝が活発になるので、痩せやすい身体につながるでしょう☆
利尿効果もあるため、水太りも解消できるのでは?
また、フェンネルの香りには食欲を抑制する働きもあります。
普段からフェンネルのポプリを持ち歩いて、ついつい食べ過ぎてしまいそうな時に香りを嗅いでみてはいかがでしょうか。

フェンネルを自分で育ててみよう

家に庭やバルコニーがある方は、フェンネルを育ててみてはいかがでしょうか?
フェンネルの茎や葉はいつでも収穫できるため、使いたい分だけ摘むことができます。
育てやすい植物なので、家庭菜園初心者にもおすすめです♪
フェンネルを育てるときは、日当たりの良い場所を選びましょう!
乾燥には強いのであまり頻繁に水やりをする必要はありませんが、逆に遣りすぎには注意してくださいね。
外で育てた場合は、何日も雨が降らなかったような時以外は水やりの必要はないでしょう。
冬になると地上に出ている部分は枯れますが、来年になるとまた根から生えてくるので量を少なくして水やりをしてあげて下さい。

執筆者:koizumi

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?