街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(生活コラム)インテリア・生活雑貨>マイナス3度!夏は涼しげなお部屋をつくろう

マイナス3度!夏は涼しげなお部屋をつくろう

2015年08月04日(火)
0 0 0 0

連日の真夏日、お部屋のなかだけでも涼しく過ごしたい!

お洋服の次はお部屋も衣替え!

最近は日本各地で真夏日を記録し、蒸し暑い日も増えてきました。
薄手のTのシャツや透け感のあるスカートなど、夏のお洋服を楽しんでいる人が多いことでしょう。
お洋服だけでなくインテリアの衣替えもお済みですか?まだという方は、インテリアも夏仕様に替えてみましょう。
お部屋のインテリアをちょっと変えるだけで今よりも涼しく快適に過ごすことができますよ。
今回は、見た目にも涼しい夏のインテリアをご紹介します。

色を変えるだけでマイナス3度も変わる!?

夏に涼しく過ごせるインテリアのポイントは「色」です。
ブルーやグリーンなどの寒色でまとめられた空間にいると、人間の体感温度はマイナス2度~3度も低くなるとか!
色の効果ってすごいですよね。この色の効果を利用して、インテリアをコーディネートしてみましょう。
簡単に取り入れられて効果が高いインテリアは、カーテンやベッドカバー、それからラグなどです。
これらのアイテムは家具を買い換えるより安く済みますし、なにより面積が多いので1つ変えるだけでお部屋の雰囲気をがらっと変えることができます。
窓まわりに手を加えるなら、すだれを垂らすことがおすすめです。
日本の夏の風物詩にもなっているすだれを見ると、なぜか涼しくなったように感じませんか?
すだれは、高温多湿な日本の夏に古くから取り入れられてきた優秀アイテムで、見た目の清涼感以外に遮熱効果も期待できます。
窓の内側はカーテンでインテリアを楽しみ、すだれは外側に垂らしてみましょう。遮熱対策としては外側に施す方が効果アリです。

大切なインテリアの日焼けを防ぐ

せっかくのこだわりアイテムでインテリアコーディネートを完成させても、夏の強い日差しにさらされているうちに、インテリアが日焼けしてしまいます。
気に入っていた色合いが変わってしまったり色ムラができてしまったりすると悲しいですよね。
大切なインテリアを日焼けから守るためには、窓ガラスに遮熱フィルムを貼ることをおすすめします。
この遮熱フィルム、インテリアの日焼けを防止するだけでなく、人の肌にダメージのある紫外線もカットしてくれます。
遮熱効果によって、エアコンの設定温度を上げられるというメリットも!
ホームセンターなどで購入でき、素人でも比較的カンタンに貼ることができます。もちろん専門業者に依頼することもできますよ。
夏のインテリアを楽しむために、今年は遮熱フィルムを施してみませんか?

執筆者:CHIHIRO

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?