街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(生活コラム)おすすめ家電>縦型とドラム式どちらを選ぶ!?洗濯機の特徴

縦型とドラム式どちらを選ぶ!?洗濯機の特徴

2015年08月06日(木)
0 0 0 0

特徴を知ってどちらを選ぶか決めよう

洗濯機の買い替えの時、迷ってませんか?

家電量販店の洗濯機コーナーを見ていると、よく目にするのが「ドラム式洗濯機」。
少しお値段は高めですが、続々新機種が出ていて気になりますよね。
乾燥機付きの物が多いため、便利そうと感じている方も多いのではないでしょうか?
しかし、人によってライフスタイルは変わります!
いくら便利な機能が付いていても、生活スタイルによってはまるで使用しないという事もありえるでしょう。
そのため、あらかじめどっちの洗濯機がどんな生活に向いているのか知っておきましょう!
今回は、縦型洗濯機とドラム式洗濯機の特徴についてまとめました。

縦型洗濯機の特徴と注意点

昔からあるタイプの縦型洗濯機。
二槽式から全自動タイプになったりしたものの、基本的な外観はあまり変わっていませんよね。
皆さんのお家にあるのもこの縦型洗濯機が多いのではないでしょうか?
縦型洗濯機の特徴は、沢山の水を使って洗剤を泡立て衣類同士をこすり合わせるようにして洗うことです。
手でゴシゴシと洗ったように汚れが落ちるため、ドロや油汚れが取れやすくなっています。
反面、伸びやすい生地や布があまり強くない生地でできた服だと、ネットに入れておかないとシルエットが崩れやすいという欠点もあります。
一回の洗濯ごとに使う水の量も多いため、節水に気を配っている方にはあまり向いていないかもしれませんね。
また、機種にもよりますが縦型洗濯機に付いている「乾燥機能」はおまけ程度と捉えた方が良いでしょう。
洗濯物の汚れをしっかり落としたい方、洗濯物を干すスペースと時間に余裕のある方は縦型洗濯機がおすすめです。

ドラム式洗濯機の特徴と注意点

ドラム式洗濯機の良い点は、使用する水の量や洗剤の量が少ない点です。
少々お値段は高めになっていますが、細かな点が節約になっているため長期的に見ると縦型の洗濯機を選んだ時とあまり変わらないのではないでしょうか?
縦型洗濯機と違い、洗濯物を上から下へと叩きつけるようにして洗うため服のシワや絡みが起きづらくなっています。
そのため、繊細なつくりをしている衣類もあまり気を配らずに洗濯する事ができるでしょう。
また、乾燥機能がしっかりした物が多い所もドラム式の特徴です!
洗濯物を干す必要が無いため、花粉症の方にとって嬉しいのでは?
節水を心がけている方、服の「保ち」を重視する方、なるべく外に洗濯物を干したいという方にはドラム式洗濯機がおすすめです!
自分のライフスタイルに合った洗濯機を選んで、便利な生活を送りましょう☆

執筆者:koizumi

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?