街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(その他)住まいの雑学>どこに入れたっけ!?引っ越しの荷造りで梱包してはいけない3つのアイテム

どこに入れたっけ!?引っ越しの荷造りで梱包してはいけない3つのアイテム

2015年08月06日(木)
0 0 0 0

面倒くさい引っ越しの梱包作業!早く終わらせたいからといってなんでもかんでも梱包していませんか?

引っ越しで「使いたいのに○○がない!」とならないために

新生活を始めるお部屋を見つけて契約を済ませたら、あとは荷物をまとめて引っ越しです。
新居へ荷物を運ぶ日に向けて、どんどん荷物を段ボール箱に詰めて……お部屋のものを1つ残らず梱包して、作業完了!
でもちょっと待って!全部梱包してはいけません。新居に着いてから「○○はどの箱にいれたっけ!?」と困ることになりますよ。
今回は、引っ越しをする際に知っておきたい“荷造りで梱包してはいけない3つのアイテム”を紹介します。

梱包してはいけない3つのアイテムとは?

【梱包してはいけないアイテム① ハサミやカッター】
ハサミやカッターは梱包してはいけません!なぜなら、新居に到着するとさっそく荷解きが始まるからです。
ハサミやカッターがないと、ガムテープで閉じたダンボールを開封することができません。
小さいアイテムなので、文房具立てにいれたまま一緒に梱包してしまいやすく、多くの人が失敗しているようです。

【梱包してはいけないアイテム② トイレットペーパー】
新居でもすぐに使うかもしれないのが、トイレットペーパー。1ロール残して梱包すれば、安心です。
新居に着いてトイレに行きたくなったとき、トイレットペーパーが見当たらないと、買いに走ることになります。
本来の用途以外にも、なにかをこぼしてしまったときや汚れをちょっと拭きたいときに使えるので、あると便利です。

【梱包してはいけないアイテム③ ゴミ袋】
ゴミ袋も梱包せずに残しておきましょう。引っ越し当日はなにかとゴミが出るものです。
荷解きをするときに出る緩衝材は、どんどんゴミ袋に入れていきましょう。
新居を散らかさずに荷解きができるので、そのあとの掃除も楽チンです。

アイテムを小さな袋にひとまとめにしておこう!

ダンボール箱の山の中から必要なものをいちいち探すのは大変ですよね。どの箱に入れたか分からなくなって、探しだすのに時間がかかると、イライラしちゃいます。
新生活を気持よくスタートさせるために、ストレスフリーに引っ越しを済ませたいもの。荷造りのときには、今回ご紹介した3つのアイテムを思い出してみてくださいね。さらに、この3つのアイテムを小さな袋にまとめてバッグにしまっておきましょう。使いたいときにすぐに取り出せるので、快適に引っ越し作業を進めることができますよ!

執筆者:CHIHIRO

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?