街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

昔からあるもの

2015年08月07日(金)
0 0 0 0

身近な歴史

普段通る橋の歴史

うだるような暑さ、とニュースで取り上げられていました。

もう少し、湿度が低ければ過ごしやすいのでしょうか。
日本の夏は高温多湿といいますよね。
それが、四季の1つの魅力ではあるのですが、、、。

今は夏休みシーズンということなので、避暑地にお出かけしている方も多いのではないでしょうか。

夏本番の8月を、元気で乗り切りたいですね。

立川の南側を流れているのは、多摩川ですが
立川の北を流れているのは、【玉川上水】です!

玉川上水は、1653年に作られた江戸六上水の1つです。
江戸市中に飲料水を届けるためのものだったようです。
現在も使用している地域もあるようです。

全長43kmで羽村から四谷という長い距離を流れていますので、橋もたくさん架かっています。

本日は、江戸時代から架かっている【見影橋】を写真に撮ってきました。
そのころは上流から4つ目の橋だったので四ノ橋と呼ばれていたようです。

大正時代には(御影橋)となり、今では見影橋の字をあてているそうです。

普段から何気なく通っている橋が、江戸時代からあったということに驚きました。

玉川上水にはまだまだたくさんの橋が架かっているので、1つ1つ知っていたらまた違う立川の楽しみ方が出来ますね♪

執筆者:宮崎 佳代(アパマンショップ立川駅北口店)

住所 〒190-0012 東京都立川市曙町2丁目 7-15 アルバ内藤ビル3階
最寄り駅 南武線 立川駅/徒歩3分/中央線 青梅線 南武線 多摩都市モノレール 西武拝島線
TEL 042-548-1882
FAX 042-527-8528
営業時間 09:30~20:00 時間外もお気軽にお問合せ下さい
定休日 年中無休でお客様のご来店を心よりお待ち致しております。お気軽にご来店ください。
会社名 株式会社 アパマンショップリーシング
宅建免許 国土交通大臣(1)第9199号
コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?