街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

ゆりかもめ

2015年08月09日(日)
0 0 0 0

ゆりかもめに揺られて・・・

サラリーマンの聖地と呼ばれる【新橋駅】にはたくさんの路線を使うことが出来ます。
JR線・都営浅草線・東京メトロ銀座線・ゆりかもめといろいろ利用することは可能ですが
その中で本日は【ゆりかもめ】について調べてみました。

まずは始まりですが、
1988年に東京臨海交通株式会社が立ち上げた沿線で、1998年に社名を変更して
株式会社ゆりかもめとなり、沿線の名前も現在の【ゆりかもめ】となりました。

1995年11月1日に新橋駅と有明駅間にて開業スタート
新橋駅より有明駅までは11.9キロメートル
2006年3月27日有明駅から豊洲駅まで開通し、現在の形となっております。
有明駅より豊洲駅までは2.7キロメートル
トータルで14.7キロメートルある沿線です。

2020年の東京オリンピックの際に周辺駅に、競技場が建設される予定となっておりますので競技場までのアクセス鉄道となる予定。

新橋駅から豊洲駅までの間には16駅ございます。

その中にはお台場駅や国際展示場駅なども通過となっておりますので、ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始など大型連休がある際には、レジャーやイベントなどで多くの方が利用されております。

また、車掌はおらず無人自動運転にて運転です。

PASMO・Suicaも利用可能となっておりますのでご安心を。

今後益々の利用が見込まれる沿線【ゆりかもめ】要チェックです。

執筆者:柳澤 健二

関連リンク

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?