街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(その他)住まいの雑学>スカートを型くずれせずに洗濯するには

スカートを型くずれせずに洗濯するには

2015年08月09日(日)
0 0 0 0

スカートを長く綺麗な状態に保つには上手に洗濯することが大切

可愛いスカートを履く

東京などで働く女性はスカートを履く機会が多いと思います。
お仕事用に着ていく服はスカートに限らず、洗濯を上手にしていつまでも綺麗に着たいものです。
パンツやシャツなども洗うと思いますが、その中でもスカートは型崩れを起こすことも多い衣類です。
せっかく可愛いスカートを履いていても、形が崩れているともったいないです。
東京にはお洒落なスカートが販売されているお店がたくさんあり、お気に入りのものが見つかることでしょう。
スカートをいつまでも綺麗に保つには、洗濯方法が大切になってきます。
型崩れしてしまうなど、洗濯で悩んでいる方は一度、洗濯方法を見直してみると良いかもしれません。
今回は、スカートを洗濯するときのポイントについてご紹介していきたいと思います。

スカートを洗濯機で洗濯するときのポイント

まず、洗濯機でスカートを洗濯する時の手順を紹介します。
スカートは綺麗にたたんで、裏返して洗濯ネットに入れてから洗濯機に入れます。
洗濯機にはいろいろな洗濯コースがありますが、スカートを洗う時には手洗いコースやドライコースを選ぶと良いです。
スカートの洗濯マークを確認して、洗濯機洗いにバツがついていれば手洗いで洗います。
洗濯機でも洗えるなら、このような手順に従って洗濯機で洗います。
洗濯機洗いが終わったらスカートを干しますが、干すときにもポイントがあります。
干すときには、手で叩いてシワを伸ばして裏返した状態で、陰干しをします。
布の重なりが多いスカートは、筒状の形にして干します。
こうすることで形が崩れず、風の通りが良くなり乾きやすくなります。
シフォン素材などの布地が薄いスカートは、洗濯バサミで挟んだあとが目立ちやすいです。
スカートのウエスト部分や紐部分を利用して干すと挟んだあとが目立たないでしょう。
スカート以外のデリケートな衣服やお洒落着を洗う時にもこのように洗うと良いでしょう。

スカートを手洗いするときのポイント

洗濯機が使えないときは、両手を広げたり寄せたりしてアコーディオンを弾くような感覚で洗います。
洗剤を入れた水の中で、スカートをふわりと泳がせるようにします。
押し洗いもスカートの手洗いには効果的な洗い方です。
汚れた部分が外側にくるようにたたみ、形を崩さないようにします。
両手の手のひら全体を使ってスカートを優しく押し付けたり持ち上げたりして洗います。
丁寧に洗いたいときは、手洗いで優しく洗うと良いのではないでしょうか。

執筆者:saori

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?