街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

札幌市の歴史

2015年08月10日(月)
0 0 0 0

豊かな立地で自然と共有できる街

札幌市とは

札幌市は日本最北の政令指定都市として、現在日本の中でも5番目に人口が多い街にまで成長しております。それでも年々少子高齢化の影響もあって人口が減ってはおりますが、約200万人弱の人々が生活している大都市です。最近では地球温暖化の影響もあり、本州では毎年のように過去最高気温がでたり、逆に大雪や台風といった異常気象が発生しているため、老後の生活のため札幌へ移住を検討する方も多くいらしゃいます。夏場の気温も平均25度ほどで朝晩は少しひんやりする気温なので、快適とも言えるでしょう。その反面冬は積雪が少なくはないですが、除雪などの雪の対策が充実しているため、生活への影響はあまりないとも言えるでしょう。
このような降雪地域で200万という大勢の方が生活しているのは、世界でも稀なケースです。そのため、年々海外からの観光客も増えております。
YOSAKOIソーラン祭りや札幌雪祭りなど季節に応じたイベントも豊富なことから、リピーターも多く存在しております。

今後の変化に期待

札幌の魅力のひとつが豊富な食です。札幌市内でとれるものだけではないですが、食が豊富な北海道の一番の都市には全道から集まった魅力の食材をお楽しみいただけます。
開拓当初はじゃがいもやたまねぎなどの一大産地として、その後はビールや製粉・製紙などの事業を拡大し、北海道の政治・経済の中心地として成長した札幌市。
今後札幌がどのような変化をしていくのか楽しみですね。

執筆者:藤城 昭太郎

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?