街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

健康のために!!【冷え性編】

2015年08月10日(月)
0 0 0 0

冷え性に悩む女性はたくさんいます。 身体の冷えによってもたらされる症状は、時に不健康な身体となる場合があります。 冷える生活におさらばして、ぽかぽかな身体を手に入れて健康な生活を送りましょう。

冷えは恐ろしい!?冷えは万病のもと!

女性の多くが冷えに敏感です。
それは、男性よりも筋肉量が少ないことも関係しています。
筋肉は、体温維持に必要な物です。
熱を作り出す役割をする筋肉は、筋肉量が少ないと作り出す熱も少なくなり、冷えやすくなります。
また、女性の場合は子宮などの大事な器官があり、日々のサイクルによって体調の変化も大きいです。
この冷えによって引き起こる病気も実はさまざまあります。
○月経不順や生理痛
血液循環が悪くなると女性の大事な器官の機能低下につながりやすいです。
○膀胱炎や膣炎などの炎症
冷えると免疫力の落ちやすくなり、免疫力が低下すると身体の内部で炎症が起こりやすくなります。
○肩こりや便秘
血行や新陳代謝が悪くなるので、肩こりや便秘も起こりやすくなります。
便秘がひどいと肌荒れの原因にもなります。
身体にとって、冷えは悪い影響でしかありません。
さまざまな病気の原因となる“冷え”を改善して健康的な身体になりましょう。

“冷え”に効く方法とは?

冷えを取ることは難しいことではありません。
現に冷え対策はたくさんあります。
その中でも、紹介したい方法は三つあります。
一つ目は、食べ物に関することです。
身体を温める食材を積極的に摂取することは大切です。
ショウガやゴマ、ほうれん草など良く知られている食材も多いです。
お温め食材を知っておくと同時に、冷えやすい食材にも注意が必要です。
あまり気にしない冷えやすい食材には、夏が旬な野菜や果物などがあります。
取りすぎに注意しましょう。

二つ目は、適度な運動です。
運動にも色々ありますが、ヨガは呼吸法を取り入れるので、リラックスしながらできます。
音楽を聴きながらヒーリング効果も期待できます。
身体に無理なくできる運動を取り入れると良いでしょう。

三つ目は、服装です。
露出の高い服装は流行的で見た目もかっこよく見えますが、冷えの原因となりやすいです。
女性の腰回りは特に影響を受けやすいので、冷やしすぎないように心掛けましょう。
腹巻や冷え取り靴下がオススメです。
東京都内には、冷え取りソックスなどを種類豊富に取り扱っているお店もありますから、一度訪れてみてはいかがでしょうか。
女性の大敵となる“冷え”を改善して、健康的な体を目指しましょう。

執筆者:natsuko

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?