街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(生活コラム)インテリア・生活雑貨>狭いお部屋を広く見せるインテリアコーディネート術☆

狭いお部屋を広く見せるインテリアコーディネート術☆

2015年08月10日(月)
0 0 0 0

狭さを感じさせない!

狭いお部屋を広く見せたい!

一人暮らしをしている人ってたくさんいますよね。
ほとんどの人がワンルームタイプか1Kタイプのお部屋で暮らしていると思います。
「一人暮らしのお部屋は狭くて息苦しい!」そのようなお悩みを持っている人も少なくないでしょう。
広いお部屋に住めばその問題は簡単に解決できます。
しかし、家賃のことを考えると誰でもそれが叶うとはいえません。
狭いお部屋を広くすることはできませんが、広く見せるための工夫をしてみてはいかがでしょうか。
ここからは、狭いお部屋を広く見せるインテリアコーディネート術について紹介します。

床面は多めに見せる!

床面が家具やじゅうたんで埋まっていると狭く見えてしまいがちです。
お部屋を広く見せるためには、床面を広く見せるように工夫しましょう。
たとえばじゅうたんを選ぶのであれば、床面の全体を覆ってしまうサイズは避けましょう。
また、ベッドやソファーなどの家具の配置にも工夫が必要です。
つめて配置するのではなく、間隔をあけて配置するような工夫をすると効果的です♪

色に注目!

ソファーやクッション、ベッドや寝具、カーテンやじゅうたんなどお部屋に置く物の色にもこだわってみてはいかがでしょうか。
インテリアの色がバラバラであれば、まとまりがなく乱雑な印象になってしまいます。
選ぶ色次第では、圧迫感があり狭い印象を与えがちです。
お部屋を広く見せるためには、色に統一感を持たせたコーディネートを意識しましょう。
たとえば白いものは、圧迫感を与えない効果があると言われています。
また、白は明るく爽やかな印象もあるので、清潔感を演出することができます。
他の色でも、お部屋に置く物の配色には注意しましょう。
色は3色ぐらいに抑えると効果的です♪

間接照明を活用しよう☆

家具屋さんやインテリアショップでよく見かける間接照明。
それを明るさ調節のためだけでなく、広いお部屋の演出に役立ててみてはいかがでしょうか。
間接照明を壁側に配置して壁や天井を照らすと立体感が出て、お部屋を広く見せることができます。
また、奥行きも広く見せることができるのです。
間接照明には高さやデザインなどさまざまな種類があります。
自分のお部屋のコンセプトにあったものを見つけられると、オシャレを演出することもできますね♪

お部屋を広く見せるには何かを特別に用意する必要はありません。
物の選び方に注目してみると解決できる問題なので、ワンルームタイプや1Kタイプのお部屋で暮らす人なら、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

執筆者:akiko

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?