街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

よくきくけど「レジン」ってなに?

2015年08月11日(火)
0 0 0 0

最近話題のレジンについて

レジンって?

最近よく「レジン」アイテムってみかけませんか?
ネックレスにピアスなどのアクセサリーやキーホルダー、さらにスマホケースまで。
透明でぷっくりしていてまるで中のものが浮き上がっているみたいでキレイですよね?
いろんな人が手作りしているレジンアイテムはどうやってできているのでしょうか。

レジンとはUVレジンが省略された言葉です。
このUVレジンですが紫外線硬化樹脂のことであり、紫外線に当たることで硬化する性質を持っている液です。
なかには、二つの液を混ぜ合わせてレジンを固めるタイプのものもあります。
天気の良い日に日当たりが良い場所においておくと一時間以内くらいには固まります。
ですが、この時間はレジンを流し込んだもの、大きさによっても変わるのでおおよそということを頭に入れておいでください。
レジンで作品を作っている多くの人は、レジンを固める「UVレジンライト」を使用しています。
このUVライトがあれば、いつでもレジンを短い時間で固めることができるのでおすすめです。

レジンに必要なアイテム

基本的にレジンに必要なアイテムは
◇つまようじ
◇ピンセット
◇UVレジンライト
◇シリコンマット
の4つです。
人によってはこのアイテム以外にも、色々なアイテムを使っていることがあります。
ですが、レジンに初めて挑戦するという人は揃えるものはこの4つで充分でしょう。

つまようじはレジンにできた気泡を潰すために必須です。
また、レジンに色づけする際、染料を混ぜるのですがこのときにもつまようじを使います。
ピンセットは人の指ではつまむことが大変な細かいパーツを配置するときに使うので欠かせません。
UVライトは前の項目で説明した通りです。
天気が悪い日でも関係なく、レジンを固めることができるのでとっても便利です。
そして、気になるのがシリコンマットですよね?
何に使うんだ、そう思った人もいるはずです。
このシリコンマットですが、下になる部分がないフレームのようなパーツにレジンを流し込む際に使います。
このまま、UVライトへと入れて硬化させた場合でも、マットにレジンがくっつくことなくキレイに外すことができます。


レジンでアイテムを作ろうと考えている人も多くいるでしょう。
インターネットで検索すると参考になるレジン作品が数えきることができないほど出てきます。
世界でひとつだけのレジン、友達にプレゼントしても絶対に喜ばれるはずです。

執筆者:Rui

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?