街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

お盆の風物詩。。

2015年08月12日(水)
0 0 0 0

「お盆」とは、旧暦の7月15日を中心として4日間を言い、新暦では一月遅れの8月13~16に行うことが一般的です。地域によって様々な慣習があり、現代科学が日々発展を遂げる今の世でも、この期間ばかりは、みな帰郷し、ご先祖様へ思いを馳せます。そんなお盆にかかせないものを花屋さんでみかけました。

”ホオズキ”は、仏様の提灯~

 お盆のこの時期になると、八百屋や花屋の店先で、必ずみかけるものがありますね。ここ唐人町商店街のお花屋さんにも一番目立つ場所に、置いてありました。
 まず、このオレンジ色の袋状の実をもつ”ホオズキ”。実の大きさはちょうどピンポン玉くらいです。表面は薄く固めで中が空洞になっており、ころころとした感触があります。お盆になると、仏壇の前の花瓶に必ず生けてありますよね。ただ飾っているわけではありません。ちゃんと意味があるのでご存知ですか?
 盆の入りの13日に「迎え火」を焚いて精霊を迎え入れます。そのときにご先祖様が迷わず家に戻ってこられるようホオズキは「提灯」となって灯します。この時期は”鬼灯(ほおずき)”とも書きます。盆の間灯し続け、精霊がお帰りになる15日には、夜道の道中を照らす提灯としてお土産(お供え物)と一緒にお持ち帰りいただくのです。
私のすむ福岡では、お土産は福岡では「おこも」とよばれるワラで編んだものでお包みし、「送り火」と共に精霊流しされます。
みなさんも、子供の頃、おじいちゃん、おばあちゃんの家で大人に混じって訳もわからず、川原まで遊びながらついて行った記憶はありませんか?15日の晩に行う盆踊りや花火も、実は精霊を敬い尊ぶ祀りごとだったのですね。。
 そう思うと、単なる行事でなく、昔から受け継がれてきた大切な伝統に中に、身をおく時間も感慨深く味わうことができるのではないでしょうか。
みなさんもぜひ、「最近は忙しくて何年も田舎に帰っていない」貴方も!今年は故郷のお盆に帰りましょう!懐かしい面々に囲まれて、日ごろの忙しい仕事のことは忘れて、幸せな時間をお過ごしください。きっとリフレッシュして、気持ちも新たに晩夏を迎えられることでしょう。

執筆者:本田あき子

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?