街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

暑い夏にハッカ油を活用しよう

2015年08月11日(火)
0 0 0 0

ハッカ油ってけっこう万能なんですよ♪

暑い夏を乗り切る工夫

夏の外出は、暑くて汗がだらだら。。。
なんて問題に直面する人は多いと思います。
せっかくおしゃれをして出かけても、外に出たとたんにそんな状態では台無しです。
夏こそ暑さを解消して颯爽に街を歩ければ、爽やかさを振りまく姿にみんなが振り返るかも!
そんな期待は無くても、なるべく涼しく過ごしたいと思うのではないでしょうか。
そういった人におすすめしたいのが「ハッカ油」です。
ハッカ油ってなに?そういう人も多いと思います。
ここからはハッカ油についてとその活用法について紹介します。

ハッカ油とは

ハッカ油とは、ハッカの葉っぱから抽出した成分で、スースーとしたメントールが主な成分となっています。
見かけたことが無い人もいると思いますが、ドラッグストアなどで購入することができるんです。
メントールというと清涼感ですよね。
このハッカ油がもつ清涼感が、暑い夏にもってこいの成分なのです。
汗に悩む夏なら、使用する価値は充分にあると思います。

ハッカ油の活用法とは

ハッカ油はどのように使うの?
暑さ対策なら、お風呂で使うことをおすすめします。
浴槽にためたお湯に、ハッカ油の原液を3滴ぐらいたらしてみてください。
するとあら不思議、熱いお湯に浸かっているのに、身体がスースーします。
また、湯上り後の汗を抑える効果もあるため、おでかけ前の準備にてこずることがありません。
その清涼感はしばらく持続するので、外に出ても平気なんです。
エアコンの効いた建物なら、寒さすら感じるかも?
ハッカ油の清涼感は、大変強力なため使いすぎには要注意です。
3滴で効果が無い場合でも、1滴ずつ増やして効果を試すようにしましょう。

ハッカ油は暑さ対策だけではない!

ハッカには虫が嫌う成分が含まれています。
そのため、蚊のような害虫を寄せ付けない効果があります。
夏は外に蚊がたくさんいます。
特に夜に開催されるお祭りや花火大会は要注意です。
お出かけの際には、水で薄めたハッカ油をスプレー容器に入れて持ち歩けば、いざという時に使えますね。
効果が続いているかどうかは、臭いで判断することができます。
自分の体からメントールの臭いが消えたかなと思ったら、スプレーするようにしましょう。
また、天然の成分であるハッカ油は、口に入ってもなんら害はありません。
スプレーとして持ち歩けば、口臭予防にも効果的です。
バーベキューやビアガーデンを楽しんだ後のお口の臭いが気になったら、シュッと吹きかけてみましょう。
粘つきもなくなり、爽やかな息を作ることができます。

ほかにも制汗スプレーの変わりやかゆみ止めにも使えるハッカ油。
かばんに常に入れておけば、便利なのではないでしょうか。

執筆者:akiko

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?