街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(トレンド情報)ペットマンション>ペットマンションでウサギと暮らそう【注意編】

ペットマンションでウサギと暮らそう【注意編】

2015年08月12日(水)
0 0 0 0

ウサギをペットマンションで飼おうとするなら、お部屋の中で快適に暮らせるようにしましょう。 ペットマンションでウサギを買う前に、こんなところに注意しておくと、ウサギが快適に暮らせます。

他の動物を近づけないで!

ペットマンションなら、他のお部屋で動物を飼っていることでしょう。
そんな時に注意したいのが、他の動物をウサギに近づけては行けないということ!
ウサギはデリケートな動物です。
犬や猫などの動物が近づくととても怖がってしまいます。
また、猫や犬の鳴き声がしていると落ち着いて暮らすことが出来ません。
ペットマンションで暮らす時は、防音がしっかりできているか前もって確認しておくことをおすすめします。
お部屋からウサギを連れ出す時は、専用のキャリーケースなどに入れて落ち着かせてあげましょう。
エレベーターで他の動物や飼い主とかち合う時があれば、飼い主がキャリーをしっかり抱えて安心させてあげてください。

ケージの置き場所はここがおすすめ

ウサギのケージを置く場所ってどこがいいかわかりますか?
ケージを置くなら、お部屋のすみの窓際がおすすめです!

デリケートなうさぎは、落ち着ける場所で過ごしたいんです。
それにはお部屋の隅っこが最適!
窓に近ければ風通しもよいので快適に過ごすことができます。
直射日光が当たるような場所や、エアコンの冷暖房が直接当たるような場所は避けてください。
急な温度変化にはウサギは対応するのが難しいからです。
出入りが激しい場所や、暗くて日が差さないような場所も避けてあげてくださいね。

ウサギをお部屋で遊ばせる前に

ウサギは1日に1回、ケージからお部屋に放して遊ばせてあげましょう!
ウサギはずっとケージの中にいるとストレスがたまってしまい、運動不足にもなります。
定期的にお部屋の中で遊ばせると、ストレスや運動不足を解消させてあげることができるんです。
大体30分程度話してあげると、お部屋の中を飛び回ったりニオイを嗅いだりして満足します。

しかし!ウサギをお部屋に話す時は準備が必要です、
なぜならお部屋の中にはウサギにとって危険なものが沢山あるからです。

特に危険なものが、「コンセントに繋がったコード」
コードはウサギがかじりたがるような形状をしているので、注意しなくてはいけません。
コンセントに繋がってあるコードをかじると、怪我や火傷をしたり、最悪感電死してしまうこともあるんです。

ウサギを遊ばせる時はコード類を片付ける、カバーをつけるなどしてウサギがかじらないようにしましょう。
カバーはホームセンター等で購入できるのでおすすめです☆
ウサギの安全をしっかり守って、ウサギと楽しく暮らしてみてはいかがでしょうか。

執筆者:aico

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?