街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

ファブリックパネルをDIYしちゃお☆

2015年08月12日(水)
0 0 0 0

お部屋がなんだかさえないあなた!「ファブリックパネル」があるだけでガラッとお部屋のイメージがかわります!

ファブリックパネルをDIY?!

何かほしいけれど家具を置くようなスペースはない・・・
そんな人におすすめなのが最近注目を浴びている「ファブリックパネル」。
ファブリックパネルというとマリメッコ柄をイメージする人も多いですよね。
そのほかにも、さまざまな柄があるんです。
アニマル柄やスイーツ柄だって!
人気の柄はありますが、その柄が自分のお部屋と絶対合う!そんなことはもちろんありませんよ?
このファブリックパネルですが、DIYすることもできちゃいます!
自分で作ることにメリットはたくさんあります。
お金も買うよりはかからないし、なにより柄も自分で選べちゃう!世界にひとつだけのファブリックパネルが!
あなたのおうちには使わずにタンスの奥底で眠っている布はありませんか?
使うことのないこの布だって一気に最新のお洒落インテリアに早変わりします☆

次の項目で材料と作り方を紹介します。

ファブリックパネルの材料&作り方

ファブリックパネル作りに必要な材料は
◇好きな布
◇カッター
◇バターナイフorカード
◇1cm以上の厚さがある発泡スチロール

使う布はシワがないようにしましょう。
もし、シワがある場合はアイロンなどできちんと伸ばします。

そして、自分が好きな大きさの四角形に発泡スチロールをカッターでカットします。
性格にカットするため、定規で大きさを測り、印をつけてからカットしましょう。
発泡スチロールの端から1.5cmあたりの場所に印をつけます。
この印はカッターで切り込みを入れる際に必要になります。
発泡スチロールの厚さが2cmの場合は、その半分である1cmまで切り込みを入れます。
深く入れすぎてしまうと失敗してしまうのでさくさく切れるからといって適当にならないよう注意しましょう。

布はこの発泡スチロールより5cm以上大きくなるようにカットすることがポイントです。
布の柄が下になるよう広げます。
その上に発泡スチロールをファブリックパネルの表側になる方を下にして置きます。
そして、バターナイフやカードなどで切り込みに布を入れます。
布が張るようにしっかりと押し込みましょう。
完成したらもちろん裏返しますが、まるで買ったかのようなファブリックパネルが出来上がっています。

発布スチロールの外側にマスキングテープなどを張り、そして上から両面テープなどを貼り壁に飾りましょう♪

執筆者:Rui

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?