街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

岩手山を望む倉掛山

2015年08月12日(水)
0 0 0 0

岩手山の登山口にほど近いところから登って頂上に着くと目の前に大きな岩手山を見ることが出来ます。 登山口にはビジターセンターもあり、初心者には安心して登ることができる山です

岩手山に近い山

岩手県にある岩手山は岩手富士とも言われている富士山に似ている活火山です。
標高は2038メートル、岩手県では一番高い山で、日本百名山の中の一つです。
岩手県八幡平、滝沢市、雫石町にまたがる山で岩手富士と呼ばれますが、盛岡側からの姿を表富士、雫石や八幡平から見える姿を裏岩手といいます。
現在も活火山として認識されています。
倉掛山は岩手山の隣にある山で標高は897メートル、岩手山の南東に位置しています。
岩手山に鞍をかけたように見えることから、倉掛山といわれています。
倉掛山の麓には、キャンプ場もあり、牧場や温泉もあるために家族連れや学校の遠足などで登る人が多いです。
幼稚園児でも登ることができる山で、日常的に登る人も多く入るようで、ほぼ毎日のように登る人も少なくありません。
岩手山登山の練習に登る人や、トレイルランニングをするなど多くの人に親しまれている山です。
冬場には、雪の上をスノーシューで歩く雪上散歩を楽しめるところでもあり、年間を通して楽しめる山の一つです。

熊避け鈴は必須です

最近は全国的にも民家付近で熊の目撃情報が多くなっています。
倉掛山でも、熊の目撃情報もあり、熊鈴の携行を促しています。
人の声がすると、熊は出ないからとトランジスタラジオの携行を進めていたこともありますが、電波が入りにくいこともあるし、電池が切れるということもあるので、鈴や笛の携行がいいでしょう。
笛は熊避け以外にも、道に迷ったり、沢に落ちてしまったりといった場合に居場所を知らせる手段にもなるので必ず傾向するといいでしょう。
笛を吹きながら歩くことで、熊避けの効果もあるので便利なアイテムの一つです。

山頂からの風景

登山道を登ってくると、途中に見晴らしのいいところがあります。
見晴らしのいいところから、若干のぼりがきつくなりますが、頂上が近いという目印でもあります。
細い登山道から、一気に開ける頂上ですが、あまり広いとはいえません。
下を向いていた顔を上げると、目の前にドーンと岩手山が見える光景は驚きです。
岩手山の岩肌や木の色、紅葉の頃には木々の葉の色までが見えるのではないかと思うくらい近くに見えるのです。
圧巻としか言いようのない岩手山を目前に、今度はあの山に登ろうと思う人も多いのではないでしょうか。
頂上で食べるお昼ご飯は、たとえコンビニのおにぎりでも大満足のご馳走になります。
山頂にいる見ず知らずの人とも、感動という贅沢な時間を共有できるひと時です。
登山経験のない人でもゆっくり登れる山ですから、一度足を運んでみませんか。

執筆者:Emiko

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?