街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(トレンド情報)ファッション>ファッションを勉強しよう!~ファッションイメージについて~

ファッションを勉強しよう!~ファッションイメージについて~

2015年08月12日(水)
0 0 0 0

ファッションの基本イメージについて

女子はファッションの勉強に余念がありません

突然ですが、皆さんは服を買うときやコーディネートを決めるとき、何を参考にしていますか?
おしゃれな人というのは、常にファッションに関する情報を仕入れているもの。
ファッション雑誌やインターネットを駆使して、どんなアイテムが流行しているのか、どんな組み合わせ方をすれば良いのか勉強している事でしょう。

しかし、どんなファッションが流行していたとしても、基本的な部分はあまり変わることがありません。
今回は、将来役に立つかもしれないファッションの基本について紹介します!

ファッションイメージは合計8種類

皆さんは、コーディネートを決めるときは大体のコンセプトを決めてから服を組み合わせていると思います。
しかし、アイテムを単品で見た時に「これはどんな印象を与えるアイテムなのか」はあまり分からないのではないでしょうか。

ファッションイメージは「エスニック」や「ロマンチック」、「エレガント」や「ソフィスティケート」、「モダン」や「マニッシュ」、「アクティブ」や「カントリー」の8種類に分類されます。
聴いたことのある単語もあれば、ピンとこない単語もあるでしょう。
次の項目でそのファッションが与えるイメージとイメージカラーを説明します。

ファッションイメージについて

「エスニック」―「モダン」
8種類あるファッションイメージは、それぞれ対応するファッションイメージを持っています。
エスニックとは、鮮やかで少し深い色味がイメージカラーの民族衣装風なファッションイメージの事です。
対極に位置するモダンは現代的という意味の言葉で、白・黒・灰色といったモノトーンがイメージカラーとなっています。

「ロマンチック」―「マニッシュ」
ロマンチックは女性的なスタイルの中に、フリルやリボンといった少女らしさをプラスしたファッションイメージの事。
イメージカラーは淡いピンクや黄色など、パステルカラーが中心です。
反対に、マニッシュは男性的な印象を与えるファッション。
濃いネイビーや黒、グレーなどのダークカラーがイメージカラーで、男性的な印象を与えるファッションとなっています。

「エレガント」―「アクティブ」
エレガントは落ち着いた印象を与える、上品で優雅な女性らしいファッションです。
パステルカラーがイメージカラーですが、ロマンチックと違いグレーがかったパープル等落ち着いた色味になっています。
反対のアクティブは活動的で明るいイメージを与えるファッションイメージで、原色に近い鮮やかな赤や青、黄色などがイメージカラーです。

「ソフィスティケート」―「カントリー」
あまり馴染みのない言葉ですが、ソフィスティケートは都会的で大人っぽい印象を与えるファッションイメージの事です。
ベージュやグレー、黒など、ファッションの定番となる色がイメージカラーとなっています。
カントリーはオリーブやブラウン等のアースカラーやナチュラルカラーがイメージカラーで、ウェスタンスタイルに代表されるファッションイメージです。

執筆者:koizumi

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?