街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(生活コラム)お料理レシピ>タイ料理の定番「ガパオ」を作ってみよう!

タイ料理の定番「ガパオ」を作ってみよう!

2015年08月13日(木)
0 0 0 0

エスニックな料理が食べたい気分のときは「ガパオ」で決まり!

ガパオってどんな料理?

ガパオというと、あまり聞いたことがない方も多いかもしれません。
ガパオライスは、バジルの香りが食欲をそそるタイ料理の定番です。
バジルの爽やかな緑色と、ピーマンやパプリカの赤や黄色が鮮やかで、彩りもおいしそうな料理です。
目玉焼きが全体の味を上手くまとめて、ご飯がどんどん進むでしょう。
食欲がなくなりがちな夏でも、ガパオを食べると不思議と食が進むのではないでしょうか。
一見すると難しそうな料理ですが、とても簡単にできるのがガパオの魅力です。

意外と簡単!ガパオのレシピ

用意をするのは【豚肉か鶏肉200グラム】【パプリカ・ピーマンをお好みで】【バジル60枚ほど】、基本の材料はこれだけです。
あとは、【ニンニク・唐辛子・鶏がらスープ・ナンプラー・酒】の調味料を準備しておきます。
多めの油でつぶしたニンニクを炒めて、油にニンニクの香りが移るようにします。
その油に、細かく切った豚肉や鶏肉を加えて、十分に炒めていきましょう。
そこに、調味料を加えて煮立たせるようにして加熱を続けます。
調味料が煮立ったら、たっぷりのバジルを加えて、軽く炒めたら完成です!
目玉焼きを乗せると、さらにおいしく食べることができるでしょう。
ガパオを食べると、まるでタイに旅行に来たような気分になるでしょう。
唐辛子の辛味とバジルの香りが癖になる、ガパオをぜひ作ってみてください。
手軽にできるのに、本格的な味を楽しむことができますよ☆

ガパオの豆知識

ガパオの本場であるタイでは、バジルの種類も違うようです。
イタリアなどの西洋料理で使われるスイートバジルではなく、ホーリーバジルといわれるものを使います。
ホーリーバジルはスイートバジルよりも、香りが強く独特の風味があるのが特徴です。
ホーリーバジルを使うと、より本格的な味わいのガパオを食べることができるでしょう。
お米と一緒に食べるガパオライスですが、使うお米もタイでは違います。
日本で私たちが食べるお米は、粘り気が強いのでガパオとは絡みにくいようです。
できれば、タイのジャスミンライスで食べると、よりガパオをおいしく味わえます。
ジャスミンライスは、香りがよく、パラパラとしているお米です。
炊き上がったときの香りが、まるでジャスミンのように芳醇なのでそう呼ばれているようです。
インターネットでも販売されているので、気になる方は調べてみてもいいでしょう。
エスニック料理が食べたいときは、ガパオに挑戦してみてはいかがでしょうか?

執筆者:reiko

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?