街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(その他)絶景スポット>自然がいっぱい☆北海道の絶景スポットとは

自然がいっぱい☆北海道の絶景スポットとは

2015年08月13日(木)
0 0 0 0

北海道は札幌だけじゃない!

北海道は魅力がいっぱいです♪

日本国内にある都道府県の魅力度調査で一番にもなったことがある北海道。
北海道は日本の最北端に位置しており、四方を海に囲まれた地形となっています。
面積は広く、都道府県別では国内一を誇ります。
北海道というと最大の都市である札幌というイメージが強いと思います。
しかし北海道にある札幌以外の街にも、たくさんの魅力があります。
大自然に囲まれた北海道内の街には、どのようなみどころがあるのでしょうか。
ここからは、北海道にある絶景スポットについて紹介します。

ここは日本!?タウシュベツ川橋梁へ行こう

北海道の上士幌町にある糠平湖。
そちらには、タウシュベツ川橋梁というアーチ型の橋があります。
糠平湖はダム湖で、タウシュベツ橋は1937年にその地に建てられました。
コンクリート造となっており、鉄道橋として1955年まで使用されていました。
その姿はダムの水の量によって姿を現したり消したりするため、一年中眺めることはできません。
冬本番となる1月になると、ダムの水かさは減り凍結した湖面に姿を現します。
その頃には、雪の上を歩くのに使用されるスノーシューを履いて見学をすることができます。
ゴールデンウィークになる5月には、その姿が湖面に映りアーチが円形に見え、違った様子を楽しめます。
6月には水かさが増すため、徐々に姿を消し、8月から10月ごろには完全に湖底に沈んだ状態になります。
ニペソツ山をバックに眺めると、自然の美しさが倍増し、魅力がアップするでしょう。
放置状態のタウシュベツ橋は、ところどころに少し朽ち果てた質感があり、まるで外国にある世界遺産の建造物を見ているような雰囲気を味わうことができるのです。
見学する場合には管理しているところへ許可をとる必要があります。
少し離れた展望台から眺めたり、有料のツアーに参加したりといった見学方法がありますが、気軽に見学できないかもしれません。
しかし、手間をかけてでも見たいと思う景色が、ここにはあるのです。
山に囲まれているため、ヒグマ出没するという話もあります。
見学の際には熊よけのための鈴を持って出かけるなどといった対策も必要です。
また砂地になっているため、足元も歩きやすいスニーカーやトレッキングシューズで行くことをおすすめします。
北海道の大自然と、歴史を感じさせるタウシュベツ川橋梁の風景は、大変価値のあるものといえるでしょう。
北海道旅行に出かけるのであればグルメも良いですが、タウシュベツ川橋梁も楽しんでみてはいかがでしょうか。

執筆者:akiko

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?