街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

敏感肌の原因とクレンジング

2015年08月13日(木)
0 0 0 0

肌のバリア機能が弱っている敏感肌さんは、クレンジングに気をつけましょう!

間違ったクレンジングとは

肌のバリア機能が弱って、少しの刺激にも敏感に感じ取ってしまう肌を「敏感肌」と呼びます。
敏感肌になると、化粧水が染みてしまったり、汗で肌がピリピリしたりするなど、とにかくすべての刺激に対して敏感となります。
一度敏感肌になると、なかなか抜け出すことが難しいんです。
敏感肌のせいでニキビができやすくなり、ニキビができるので肌をしっかり洗う。
こんな負のスパイラルに入り込んでしまうこともあります。

敏感肌になる原因はいろいろありますが「誤った洗顔方法」が大きな要因となるようです。
ゴシゴシと顔を洗ったり、洗顔力の強いクレンジングオイルを使っていると、すぐに敏感肌になってしまいます。
敏感肌の人は、洗顔方法とスキンケア、を見直して敏感肌を改善させましょう。

敏感肌におすすめのクレンジングとは

化粧がよく落ちるからといって、クレンジングオイルを使っていませんか?
クレンジングオイルは洗浄力が強いぶん、お肌へのダメージも強力です。
特に、クレンジングオイルには界面活性剤というお肌の潤いまで落としてしまう成分が含まれています。

そのうえ、クレンジングオイルはぬるぬるするからといって、クレンジングのあとに洗顔する人も多いです。
肌が丈夫な人はいいかもしれませんが、肌の弱い人はあっという間に潤いが失われた敏感肌になってしまうことでしょう。

クレンジングをするときは、できるだけ肌にやさしいクレンジング剤を使うことをおすすめします。
オイル>クリームタイプ>ミルクタイプ>ジェルタイプ
の順で肌に優しいので、クレンジング剤は肌に優しいクリーム・ミルク・ジェルなどを試してみてはいかがでしょうか。
クレンジングを肌に優しい物に変えるだけで、肌質が少しは改善されるかもしれません。

スキンケアにおすすめの成分

敏感肌を改善するなら「セラミド」が入った化粧品がおすすめです。
敏感肌の場合は、潤いと「セラミド」が失われている状態なので、セラミドを補給してあげましょう。
セラミド配合の化粧品を使うことで、肌の状態を改善することができます。
また、セラミドが入っている食品を食べるのもおすすめです。
「こんにゃく」にはセラミドが沢山入っているので、積極的に食べてみてはいかがでしょうか。
やり過ぎないケアをすることで、お肌は肌本来の正常な状態に戻すことができます☆

執筆者:aico

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?