街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(生活コラム)節約>お酒にかかる費用を節約しよう

お酒にかかる費用を節約しよう

2015年08月13日(木)
0 0 0 0

ストレスなく酒代を節約するには

人生を豊かにするお酒

お酒の名産地はいくつもありますが、新潟もその一つに挙げられます。
新潟の質の高い米と美味しいお水で作られる日本酒を一度は飲んでみたいものです。
お酒は飲み過ぎると身体に毒かもしれませんが、適度な飲酒は身体に良いと言われています。
日本酒には身体を温め、血行を良くする効果があります。
それに、飲むことで会社の人や友達と楽しく過ごす事が出来ます。
美味しいお酒を飲むことで疲れも吹き飛ばすことが出来るのではないでしょうか。
タバコは吸わないけれど、お酒は飲むという女性もいらっしゃるでしょう。
そんな身体にも精神的にも良い効果があるお酒ですが、お茶やジュースに比べて費用がかかります。
お金をかけずにお酒を楽しむにはどうしたら良いのでしょうか。

自宅でお酒を安く楽しむ方法

たくさん飲むという方は、ネット通販を利用してケース単位でまとめて買ってしまいましょう。
スーパーでまとめ買いしても良いですが、自宅まで持ち運ぶことを考えるとネット通販のほうが良いかもしれません。
そして家で飲める環境が整うことで、コンビニで買ったり外で飲むことも減ったりして節約になるのではないでしょうか。
また、ビールを飲む方は、ビールを発泡酒や第三のビールに変えると節約になります。
味に不安がある方もいると思いますが、発泡酒や第三のビールの味も改良され、美味しく飲めるお酒も増えています。
ビールは缶よりも瓶のほうが安くすみます。
瓶を買ったお店で瓶を戻すことで、一本につき5円が戻ってきます。
ビールは他の焼酎やウイスキーなどのお酒よりも費用がかかります。
とにかくお酒の種類のこだわりが無いなら、焼酎やウイスキーに変えてみることも節約方法の一つです。
焼酎は、アルコール度数が高く、長い時間飲むことが出来るお酒です。
お家で飲めば、お酒にかかる一ヶ月の費用を節約することができ、おつまみ代も節約出来ます。
お酒の種類や購入方法を見直して、酒代の節約を実行してみてはどうでしょう。

休肝日を作る

毎日でも飲みたいという方もいるかもしれませんが、週に一日か二日は休肝日を作りましょう。
節約になり、健康にも良いので、ルールを設けてみてはどうでしょうか。
2,3日飲んで一日休むというサイクルを作って慣れてしまいましょう。
一日に300円を酒代にかけているとすると、週に一日休肝日を作るだけで、月に1200円の節約になります。
年間で14400円も節約することが出来ます。
こんなに節約出来ると知れば、休肝日の習慣を続けていくモチベーションも高まるのではないでしょうか。

執筆者:saori

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?