街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(生活コラム)ガーデニング>家庭菜園にチャレンジ!~夏に植える野菜~

家庭菜園にチャレンジ!~夏に植える野菜~

2015年08月17日(月)
0 0 0 0

夏に植え付ける野菜をご紹介♪

夏に植え付ける野菜は?

家庭菜園にチャレンジするなら、一年を通じて楽しみたいと思う方も多いのではないでしょうか?
夏に植え付ける野菜は、秋から冬にかけて収穫の時期を迎える品種が多いです。
春に植えた夏野菜の収穫を終えたら、土作りから始めるのが一般的です。
夏に植え付ける野菜は、キャベツや小松菜などがあります。
キャベツは、春や秋にも植え付けを行うことができますが夏でもできます。
どこの家庭でも、キャベツは日常的に食べることが多いでしょう。
キャベツは、ビタミンCやビタミンK、カリウムなどのミネラル類、食物繊維などが多く含まれている野菜です。
植え付けができる時期は長いのですが、その季節に適した品種を選ぶことが重要になります。
キャベツを育てる上で気を付けたいことは、害虫です。
虫がつきやすい野菜なので、対策は行った方がいいでしょう。
キャベツの害虫対策は、寒さから守るためのシートなどを利用することができます。
シートをかけても、隙間から侵入される場合もあります。
その際は、早めに取り除いてあげましょう。

一年中OK!小松菜の育て方

小松菜は、真冬以外は植え付け可能な野菜です。
プランターや植木鉢でも育てることができるので、初心者にはピッタリといえます。
小松菜の栄養価は高く、ベータカロテンやビタミンC、ビタミンB群、ミネラル類などを含んでいます。
くせがなく、お子様も食べやすい野菜ではないでしょうか?
アクが少ないので、ほうれん草のように下茹でしなくても食べることができます。
刻んでそのまま味噌汁に入れたり、炒め物に使ったり幅広い食べ方ができる野菜です。
小松菜は、育て方も簡単なので種まきからチャレンジしてみましょう。
種は、ホームセンターなどで販売されています。
いくつかの品種がありますが、どの種類でも失敗することは少ないでしょう。
真夏は、日よけをすると上手く育てることができます。
また、雨に当たらないような場所で育てることもポイントです。
小松菜は夏に種まきをした場合なら、30日前後で収穫可能となります。
比較的早く収穫を楽しめる点も、初心者向きですよね。
緑の野菜を見ただけで嫌がるお子さんもいますが、親子で一緒に育ててみると反応も違うかもしれません。
栄養豊富な小松菜は、子供のうちに好きになると健康効果も高いです。
野菜好きな子になってほしいなら、ぜひ親子でできる家庭菜園をおすすめします。
キャベツや小松菜の他にも夏に植える野菜はあります。
ホームセンターのガーデニングコーナーへ行くと、夏の植え付けに適した野菜の苗が販売されているので参考になるでしょう。

執筆者:Chiho

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?