街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(その他)住まいの雑学>腕が疲れない!髪をもっと乾かす方法!

腕が疲れない!髪をもっと乾かす方法!

2015年08月17日(月)
0 0 0 0

ロングヘアーの人ほど、髪を乾かす時間は長くなってしまいますよね…

ドライヤーって意外と重い

お風呂から上がって、さあ髪を乾かして寝よう!
そう思って髪を乾かし始めたけど、いつまで経っても髪がぜんぜん乾かない…
特に髪を伸ばしている女性にとっては、大きな悩みの種でもあるでしょう。
特に夏場になると、温風がでるドライヤーはあまり長時間使っていきたくないもの。
でも髪を乾かさないまま寝ると、寝癖もひどくて朝が大変に…
髪が濡れたまま長時間放置していると、雑菌などが繁殖する原因になるといわれています。
その雑菌は髪が傷む原因にもなりますし、頭皮の臭いにもつながってしまいます。

髪が長く、乾きにくい髪質をしている方ですと、30分近くかけて髪を乾かしている方もいます。
短時間であれば、ドライヤーを持っていてもあまり苦痛には感じません。
しかし、時間が長くなればなるほど、ドライヤーが重く、腕が疲れてしまいます…
そんな悩みを解消できる、髪を早く乾かす方法、知りたくはないですか?

髪を早く乾かす方法♪

髪を早く乾かすことで、夏場でも暑い時間を減らすことができます。
また、少し時間に余裕ができますので、スキンケアなどの時間を増やすこともできるでしょう。

○タオルを何枚か使う
髪をドライヤーで乾かす前、バスタオルやフェイスタオルなどで、タオルドライをしている方がほとんどだと思います。
タオルドライをするとき、何枚のタオルを使っていますか?
多くの方が、一枚のタオルで拭いているのではないでしょうか。
しかし、タオルが髪の水分を吸ってくると、新しい水分を吸い取ることができません。
タオルが水分を吸ったな、と感じたら、新しいタオルに変えるようにしていきましょう。

○ティッシュやキッチンペーパーを使う
タオルではなく、ティッシュやキッチンペーパーを使って、髪の水分を取り除いても効果的です。
髪が長い人だと大量に使うことになりますが、タオルよりも吸水効果が抜群です!

○タオルを巻いて…
ドライヤーで乾かしていくとき、髪に直接温風を当てていきますよね?
このとき、髪にタオルを巻いて、その上からドライヤーの風を当てていくことで乾きが早くなるといわれています。
タオルが水分を吸いながら髪が乾いていくので、とても早くなったと感じる方も多いそうです。
また、髪に直接熱が当たらなくなりますので、髪の傷みも少なくなるといわれています♪

暑い夏の日には、ドライヤーの熱ですら苦痛に感じます。
髪を乾かす方法を知り、早く髪を乾かして快適な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

執筆者:sakie

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?