街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(トレンド情報)ペットマンション>ハムスターの健康チェック!病気かも!?

ハムスターの健康チェック!病気かも!?

2015年08月18日(火)
0 0 0 0

ハムスターの病気は早く見つけてあげましょう。

ハムスターの健康チェック

ハムスターを飼っている人は、毎日健康チェックをしていますか?
動物は人間のように言葉を話すことができません。
当然、具合が悪くても飼い主に訴えることができないのです!
ですから、飼い主は毎日異常ないか健康チェックをしてあげなくてはなりません。
ハムスターを長く飼っていれば、表情の違いもつくようになります。
しかし、飼い始めたばかりの人はちょっとした変化に気づくことができないでしょう。
また、ハムスターは性格上、病気を隠す動物だと言われているようです。
寝床に入ったまま、ずっと出てこない時は要注意かもしれません…
「えさをちゃんと食べているか?」「元気に走り回っているか?」
「体に異常がないか?」など…。
毎日、健康チェックをしてあげましょう。

ハムスターの病気の症状を知っておこう

ハムスターを飼うにあたって、どんな病気にかかるのかも知っておくと良いです。
病気になっていないかを見分けるためには、体を詳しく見ることが大事です。
体にでる症状と病名を紹介したいと思います。
・手並みがいつもと違う、毛が抜けている所がある
ストレス性脱毛・アレルギー性皮膚炎・アカラス症・細菌性皮膚炎。
子宮蓄膿症・ニキビダニ症・膿皮症・摩擦による脱毛や炎症など。
・目の色がおかしい、目やにがある、腫れている
アレルギー性皮膚炎・眼球出血・結膜炎・麦粒腫・白内障・角膜炎。
緑内障・眼球突出など。
・歯が長い、短い、頬袋が膨れている
歯周病・頬袋の炎症・頬袋の膿瘍・不正咬合・過長歯・血栓症など。
・耳が汚れている、くしゃくしゃしている、鼻がきたない
外耳炎・中耳炎・内耳炎・アレルギー性皮膚炎・風邪。
肺炎・鼻炎・切歯破折・細菌性呼吸器感染症など。
・おしりとしっぽが濡れている
肝臓病・肝不全・子宮内膜炎・腸閉塞・便秘・ウェットテイル・下痢。
脱腸・直腸脱など。
・体にしこりがある
アレルギー性皮膚炎・細菌性皮膚炎・膿皮症・膿瘍・腫瘍。
悪性のガン・脂肪種など。
・息が荒い、急激な体重の変化がある
風邪・細菌性呼吸器感染症・日射病・熱中症・肺炎・白血病。
擬似冬眠・心臓病・心不全・低体温症など。

上記で挙げた以外にも違う症状が出るケースがあります。
ハムスターの病気は以外と多いのです!
体の様子や調子をよく観察することが大切です。
ハムスターの病気は早く見つけてあげることで、治る確率が高くなります。
また、病院に行く時間や治療費の負担も減ります。
ハムスターにとっても、早く治療をしてあげましょう。

執筆者:TOMOKO

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?