街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(トレンド情報)ペットマンション>賃貸マンションで犬を飼うときはトイレのしつけが大切

賃貸マンションで犬を飼うときはトイレのしつけが大切

2015年08月18日(火)
0 0 0 0

賃貸物件で快適に犬と暮らすにはトイレのしつけをしっかり行おう

ペットと暮らせる賃貸物件

最近は、ペット共生型マンションやペット可マンションなどペットと暮らせる賃貸物件がたくさんあります。
東京などの都市だけでなく、全国各地で探すことが出来ます。
ペット共生型マンションなら、マンション内にドッグランやペットの足洗い場がありペットとの生活がスムーズです。
また、ペット可マンションでも近くに散歩しやすい公園や動物病院があれば快適にペットと暮らせるのではないでしょうか。
ペット好きが集まるこれらの賃貸物件ではマナーやルールを守ることで、ペットがいてもお互いに気持ち良く暮らせるでしょう。
ペットと暮らしやすいペット共生型マンションに住む場合でも、犬などの場合はきちんとしつけをしなければなりません。

上手にしつけをしよう

犬はペット可マンションやペット共生型マンションでも飼われることが多いです。
犬を上手にしつけるコツは、根気強く楽しく行うことです。
すぐに理解して覚えられる犬もいますが、なかなか覚えられない犬もいます。
何回言っても犬が言うことをきいてくれないとイライラしてしまうかもしれません。
しかし、イライラしながら行うとそのイライラが犬にも伝わっていきます。
お互いに良い気分ではなくなり、しつけも上手くいかなくなることでしょう。
楽しむ気持ちを持って、おやつなどのご褒美を使ってしつけをしていくと良いでしょう。

トイレのしつけのコツ

賃貸マンションで犬を飼うときには必ずトイレが上手に出来るようにしつけましょう。
室内での粗相ならまだ良いですが、エレベーターや廊下などの共用部分で粗相してしまわないように気を付けなければなりません。
犬に上手にトイレをさせるには、飼い主が愛犬のトイレのタイミングを知っておくことが大切です。
トイレのタイミングの少し前にトイレへ連れていき、そこで上手にトイレが出来たらしっかり褒めてあげます。
おやつを与えたり散歩に連れて行ったりすることが犬にとってはご褒美になります。
失敗してしまったときに、大きな声を出したり叱ってしまったりするとなかなかトイレを覚えられないので気を付けましょう。
犬はいろいろな場所で排泄する習性があるので、トイレシートを置いただけではトイレの場所を覚えてくれないそうです。
トイレの場所を覚えてくれるまで何度も連れていくようにします。
覚えるまでは大変ですが、覚えたあとはお世話が楽になりますので諦めず頑張ってみましょう。

執筆者:saori

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?