街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(その他)トラベル>季節の花を見に行こう~夏の花「ハス」~

季節の花を見に行こう~夏の花「ハス」~

2015年08月18日(火)
0 0 0 0

涼しげな見た目が人気の蓮。夏にぴったりの花を観賞する旅行へ出かけてみましょう。

水辺に涼しげに咲く蓮

暑い日が続く夏は、水辺が恋しくなるものではないでしょうか。
見た目にも涼を感じることができるので、夏の旅行先には滝や川を見るのも人気です。
しかし、たまには蓮の花を見に旅行へ出かけてみてはいかがでしょうか。
蓮は水辺に生息しているため、どこか涼しげな印象も受けるでしょう。
ピンクの可愛らしい花と、瑞々しい緑の葉が水辺に浮かぶ様は、暑い夏を忘れさせてくれるようです。
今回は、蓮の花を見ることができる場所を紹介したいと思います。

岐阜県へ蓮の花を見に行こう!

岐阜県羽島市桑原町にあるハス園では、歴史ロマンを感じられる蓮の花を見ることができます。
7月上旬から下旬にかけて、蓮の花は見ごろとなるようです。
ここで咲く蓮の花は、昭和26年に千葉県の縄文遺跡発掘をしている場所から、発見された蓮の種が元になっています。
この蓮の種が、正解最古の蓮の種であることが認められ、それを発芽させたのが始まりです。
千葉県から、それを譲り受けた羽島市が栽培をして、今のハス園が出来上がったようです。
これは、2000年前と同じ蓮の花を、現代にも受け継いでいるということになるでしょう。
遠い昔からある花を、今も変わらずに見ているというと、太古のロマンを感じずにはいられないのではないでしょうか。
歴史ロマンを感じることができる、蓮をぜひ一度見に訪れてみてはいかがでしょうか。

浮世絵にも描かれた蓮の花を見に行こう!

古くは江戸時代の浮世絵にも描かれた蓮の花を見てみてはいかがでしょうか。
東京都台東区にある不忍池にも、美しい蓮の花が咲き誇ります。
7月下旬から8月上旬頃になると、愛らしいピンクの花が見ごろになります。
この蓮の花は、江戸時代の浮世絵にも描かれたほどの蓮の花だそうです。
しかし、一度戦時中に池が埋め立てられて、蓮の花を見ることができなくなった過去があります。
昭和30年代にはいってから、人々の手によってまたキレイな蓮を見ることができるようになりました。
人々の蓮に対する思いが、美しい蓮の名所を復活させたということなのではないでしょうか。
夏になると、近隣の住民のほか、多くの観光客も蓮を見るために訪れているようです。

蓮の花を観賞するときは、なるべく午前中がいいようです。
午後になると、蓮の花が閉じてしまうことが多いため、涼しい時間帯に訪れるといいのではないでしょうか。
水面にゆったりと浮かぶ蓮の花を見て、夏の暑さを忘れるひと時を過ごしてみてはいかがですか?

執筆者:reiko

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?