街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(トレンド情報)ペットマンション>残暑が厳しいこれからの季節は、ペットの熱中症にもご注意を!

残暑が厳しいこれからの季節は、ペットの熱中症にもご注意を!

2015年08月18日(火)
0 0 0 0

お盆を過ぎてもまだまだ暑い!ペットも夏バテ気味?

ペットだって暑い!

近年ではお盆を過ぎても蒸し暑く、過ごし辛い日が続きます。
高温多湿な環境は熱中症になりやすいため、室内でも意識して水を飲むなど気を遣っている人が多いのではないでしょうか。
残暑が厳しいこの時期には、夏の疲れが溜まっていることが多いため、より一層熱中症に対する注意が必要です。
ペットを飼っている方は、言葉で不調を訴えることができないペットに十分気を配ってあげましょう。
ペットだって、人間と同じように熱中症になってしまうんです。
では、どんなことに気をつければよいのか、見ていきましょう。

ペットが熱中症かもしれないと思ったら!

日本各地のペットクリニックでは、この時期になると熱中症の症状で来院する犬が急増するそう。
犬は普段、舌を出してハッハッと呼吸する“パンディング”で熱を体から逃しています。
でも、あまりにも暑いと熱の放出がうまくできなくなってしまいます。
体に溜まった熱は体温を上昇させ、万が一重症化すると命の危険も。
そうならないためにも、夏場にはペットの様子をいつも以上にチェックするようにしましょう。
ペットの呼吸がいつもより速かったり、ぼんやりしていたら、熱中症の初期症状かもしれません。
口から泡を吹いたり吐いたりしていれば、すぐに対処が必要です。そのほかの症状として、下痢やけいれんなどがあります。
人間と同じように、高齢のペットや太り気味のペットは熱中症にかかりやすいようです。
ペットが熱中症かもしれないと思ったら、病院へ連れて行くまでの間緊急処置を行うことで、重症化を防ぐことができます。
水をかけるなど頭を中心に体を良く冷やし、少量の塩を混ぜた水を飲ませるようにしましょう。

散歩の時間にもご注意を!

残暑の厳しいこの季節、毎日の生活にちょっと工夫が必要です。
まず、ペットのお散歩の時間帯です。
朝は気温が高くなる前に済ませ、夕方も涼しくなってから出発するのが好ましいでしょう。
アスファルトの道路は日が落ちても簡単には冷えません。地面を手で触って確認してからペットを連れ出す方が安心です。
そのほか注意したいのは、ペットのお留守番です。
外でペットを飼っている場合は、日の当たるところに繋いでおくことは大変危険です。
室内の場合でも、締め切られたお部屋は風の通り道がなく、高温になりやすい環境です。
エアコンを付けて外出したり、多めの水分を用意しておいたりなど、お留守番中にペットが体調を崩してしまわないよう十分注意しましょう。

執筆者:CHIHIRO

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?