街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(トレンド情報)美容・エステ>「写真うつりが悪い・・・」そんな人はコレを試して!

「写真うつりが悪い・・・」そんな人はコレを試して!

2015年08月18日(火)
0 0 0 0

写真うつりが悪いなんて最悪!

写真うつりが悪い理由

インカメラで撮影するときは平気なのに、撮影されると写りが悪い。
そんなことってありませんか?
特に、みんなで集合した時にとる写真って、なぜか写りが悪かったりしますよね。
でも写真写りが悪い人って、どうして悪いか分かって無いことが多いんです。
写真うつりが悪いと嘆いている人は、ポイントを確認して写真うつりをよくしましょう☆

まずは、写真うつりが悪くなる理由です。
○無理に笑顔を作ろうとしている
これはいけません、写真だからといって無理に笑おうとしていませんか?
そうなるとどうしても顔が引きつってしまうので、写真うつりが悪くなってしまうんです。
写真が苦手だという人に限って無理に表情を作ってしまうんですよね。
そんな人は、無理に表情を作ろうとせずに、シャッターが切られるまではどうかリラックスするようにしてください。
違うことを考えてもいいですし、隣の人とおしゃべりしてみてもいいかもしれませんね。
リラックスすることが大切です!

○自分が可愛く見える角度を研究する
自撮りが上手な人、写真うつりがいい人は自分が可愛く見える角度や表情を研究しています。
だから、カメラを向けられてもとっさにキメ顔になれるんです。
自撮りなんて恥ずかしいと思うかもしれませんが、写真うつりを良くする練習だと思ってトライしてみましょう。

写真うつりをよくするポイント

○センターをねらえ!
集合写真をとる時は、端ではなくセンター(中央)に行くようにしてください。
普通のカメラは左右のピントがずれやすいので、顔が曲がってしまったりする可能性があります。

○シャッターが切られる寸前に瞬きしておく
写真をとると、目をつぶってしまう人っていますよね。
タイミングが掴めずに瞬きしてしまうと、ちょっと恥ずかしい写真になります。
タイミングが掴みづらい人は、シャッターが切られる直前まで瞬きして目が乾燥しないようにしてください。

○テカリは敵!
顔がテカっているとそれだけで台無しですよね。
顔がテカテカ光っていると、写真うつり以前にテカリが気になってしまいます。
写真を取る前は、あぶらとり紙やティッシュなどで顔を抑えて余計な皮脂をとっておきましょう。

○ポーズにもこだわりを
写真をとるとき、だいたいピースサインですませていませんか?
なんだか代わり映えしなくてつまらないですよね。
ポーズはとっても重要!顔の欠点を隠すのにも役立ってくれるんですよ☆
顔を細く見せたい人は頬に手を当てて、今流行りの歯痛ポーズをしてみてはいかがでしょうか。

執筆者:aico

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?