街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(生活コラム)DIY(日曜大工)>“すのこ”を使ってラティスを作ろう♪

“すのこ”を使ってラティスを作ろう♪

2015年08月19日(水)
0 0 0 0

“すのこ”ラティスを手作りして、室内の目隠し用に!

ラティスとは?

ラティスと言えば、よく庭で見かけますが、室内で用いれば程よく目隠しになり便利です。
もともとラティスは、木製の格子状になっており、ガーデニングで使われることが多いです。
高さもさまざまありますが、仕切りに使ったりフェンス代わりに使ったりしている家庭も多いようです。
外で使うことがほとんどですが、実は、室内で使ってもおしゃれなんですよ♪
このラティスをすのこで作ると、本来のラティスとまた異なり落ち着きのある雰囲気を出してくれます。
ラティスは格子状ですが、すのこを使えば、チェックのような模様になります。
すのこは、ホームセンターや100均で手軽に手に入れることができるので、低予算でDIYを楽しむことが可能ですよ!
では、早速“すのこ”で作るラティスの手順を紹介していきましょう。

“すのこ”で作るラティスの作り方

【材料】
すのこ3枚・ノコギリ・木工用ボンド・金づち
すのこの色はベージュがほとんどですが、ペンキで白や茶、黒など好みで色付けしても良いでしょう。
【作り方】
大抵すのこは長方形ですよね?
ラティスにするためには、正方形にしなくてはいけません。
○まず、3枚のすのこを板と下駄の部分に離します。
離す時は、すのこの裏から下駄をつかんで板を金づちで叩けば女性でも簡単にできますよ。
また、下駄には、クギがついているので、抜いておくことも大切です。
○そして、離した板をフレームのように枠にして、ラティスの外枠を作ります。
枠ができたら、残った板を等間隔で貼り付けていきます。
次に、裏返して先ほどの板と交差するように貼り付けていきます。
枠や板の貼り付けには、ボンドを使いましょう。
○それから、脚部分を作っていきます。
離した下駄部分を横から見て逆T字になるように貼り付けます。
さらに、補強として、余っている下駄を下部分に付ければ、出来上がりです!

四角い隙間が生まれますので、フックで小物を掛けることもできますね♪
自宅のリビングや玄関、キッチンのさりげない目隠しとして活用できます!
オフィスなどの応接室の仕切りにもピッタリの“すのこ”ラティスはいかがでしょうか?
簡単にできるので、初心者でも気軽に作ることも可能です!
「日用大工と言えば力が必要」と考えがちですが、DIYの中には、手軽にできるものもたくさんあります。
ラティスもその一つで、簡単だけどまるで買ってきた!のような仕上がりになりますよ♪

執筆者:natsuko

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?