街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(トレンド情報)シェアハウス>悪気が無くてもアウト!シェアハウスでのトラブル

悪気が無くてもアウト!シェアハウスでのトラブル

2015年08月19日(水)
0 0 0 0

あなたは当てはまっていませんか?トラブルの原因

何気ない行動が相手のストレスになっているかも?

「控えめな家賃で都内に住める」や「似た感性の人と住める」「楽しい共同生活を送ることができる」など…。
色々な利点がある事から、人気が急上昇しているシェアハウス。
テレビ番組や映画で認知度が上がったこともあって、シェアハウスに暮らしたいと考えている方は多いでしょう。

しかし、いくら楽しい生活を送ろうと考えていても、住人間でトラブルが起きてしまっては台無しです。
元は知らない方と共同生活を送る事になるため、家族相手や恋人相手の時よりも気を配って生活しましょう!
今回は、シェアハウスで起こりがちな「もしかしたら住人に迷惑をかけているかも?」という点についてまとめました。

プライバシーを侵害していませんか?

シェアハウスには色々な種類があるため、中には個人のスペースが少ないタイプの住居もあります。
例えば、ドミトリーという一部屋を複数人で共有するタイプの部屋や、コンパートメントという寝台列車のように個室が集まっているタイプの部屋です。
これらの部屋では住人同士が同じ部屋で寝泊まりするため、共有の部屋という意識が強くなるでしょう。

しかし、だからといって相手のプライベートスペースには立ち入らないようにしましょう!
他の場所は全て共有だからこそ、プライベートな空間は自分だけの物にしたいという方は多いです。
相手から進んで話してきた場合や、相手の行動が迷惑にならない限りは、プライベート空間での事はなるべく触れないようにするのが無難でしょう。

また、郵便物の覗き見は厳禁です!
自分は別に構わないと思う事であっても、他の方にとってはそうでない事だってあります。
お互いの意見を尊重して、相手のプライバシーにはなるべく立ち入らないようにしましょう。

決まりやお金にルーズになっていませんか?

性格は人によって違うため、自分にとっては気にならないような事であっても相手は気になってしょうがない…。
という事だってあります。
そのため、シェアハウスに暮らすときはしっかりルールを守りましょう!
自分たちで決めたルールを破って不快になる事はあっても、守って不快になる方はまず居ません。
「掃除なんて一日くらい…。」と思ったとしても、ルールを破っていい理由にはならないでしょう。
どうしても無理な時は周囲にきちんと事情を話し、その上で不平等にならないようにアフターケアをしておきましょう!
周囲にしっかり気遣いをする事で、シェアハウスでの暮らしがより良いものになるはずです。

執筆者:koizumi

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?