街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(生活コラム)インテリア・生活雑貨>カーテンで部屋を区切って生活感を無くそう!

カーテンで部屋を区切って生活感を無くそう!

2015年08月20日(木)
0 0 0 0

部屋の生活感を無くしたいという方に

生活感をなくす方法

自分の好みで家具や家電をチョイスする事ができるため、一人暮らしをしていると部屋のコーディネートに熱が入りますよね。
皆さんの中にも、ワンルームや1Kのお部屋でインテリアコーディネートをしているという方がいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、一人暮らしのインテリアにつきものなのが「生活感」。
ワンルームなら一部屋にキッチンやリビング、ダイニングと寝室を、1Kならリビングとダイニング、寝室をまとめなければならないため、物が増えてごちゃごちゃしてしまいます。
部屋に入ってすぐベッドが見えると、どことなく生活感も出てしまいますよね。
おしゃれな部屋を作る鍵は、いかに生活感を無くすか?とも言えるのではないでしょうか。
今回は、カーテンを使って部屋の生活感を少なくする方法について紹介します!

カーテンを使ってベッド周りを隠そう!

カーテンを使ってベッドを隠すと、部屋がすっきりして見えるため部屋の生活感が少なくなります!
メリハリも生まれるため、是非活用して頂きたいテクニックです♪
お部屋の雰囲気に合ったカーテンを選べば、インテリアコーディネートもワンランクアップするのではないでしょうか?
ナチュラルな雰囲気な部屋なら生成りのカーテン、エスニックなお部屋ならカラフルなビーズカーテン…。といったように、選んだカーテンによって印象が大きく変わります。
シンプルなお部屋にインパクトのあるカーテンを選べば、お部屋のアクセントにもなるでしょう。
カーテンを設置する際は、ホームセンター等で売られているつっぱり棒を使えばあっという間に仕切りを作ることができますよ!
また、急にお客さんが来た時、一時的に物を隠すためのスペースにも活用する事ができるかもしれません。

棚やパーテーションを使って部屋を仕切ろう!

いまいちインテリアに合うカーテンが見つからない…。という方におすすめなのが、部屋にある棚やパーテーションを使って部屋を区切る方法。
皆さんの中には、お部屋に大きな棚を置いている方がいるのではないでしょうか?
その棚を部屋の出入口からベッドが見えなくなるように置くだけで、部屋を仕切ることができます。
棚を動かして壁面が空いた分、壁を使ったコーディネートもしやすくなるでしょう。
また、スタイリッシュな雰囲気の部屋ならパーテーションがおすすめです。
ウッド製の物やシンプルな物、カバンや帽子を掛けることができる物…。と、色々なパーテーションがあるため、自分の部屋に合ったアイテムも見つけやすいのではないでしょうか。
生活感の無い部屋を作りたいという方は、ベッド周りを隠して部屋にメリハリを作ってみましょう!

執筆者:koizumi

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?