街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

大阪府立中央図書館について

2015年09月15日(火)
0 0 0 0

バリアフリー大型図書館です

大阪府立中央図書館は近鉄けいはんな線荒本駅から北へ400mほどの場所にあります。
大阪府立の図書館は中央図書館と大阪市北区にある中之島図書館の2ヶ所です。
中之島図書館が大阪資料と古典籍中心の図書館なのに対し、中央図書館は1992年に制定された「大阪府福祉のまちづくり条例」が適用された最初の大型施設として建設され、「生涯学習時代のバリアフリー大型図書館」として年代や障がいの有無を問わず利用しやすいくふうがされた施設になっています。

広い館内には膨大な図書資料

1階は登録カウンター、貸出・返却カウンターのほか、小説読物室、こども資料室、国際児童文学館、視覚障がいをお持ちの方を対象に対面朗読を行う障がい者支援室、展示コーナー、多目的ホールなど様々な人が集う場所となっています。2階は会議室やイベントなどの申し込みカウンター、複写カウンター、新聞コーナー、AV室、住宅地図コーナー、会議室があります。3階は社会・自然系資料室、4階は人文系資料室となっています。
3階・4階のカウンターバック書庫や200万冊もの資料が納められた地下書庫、貴重書庫などもあり、各階の検索機で検索しカウンターで申し込みをすると書庫の資料も閲覧することが出来ます。
3階には飲食可能の屋上庭園があり、調べ物や読書で疲れたときの休憩スペースとして利用できます。
また、館内無線LANサービスもあり、2階カウンターでパスワード発行・案内を行っています。

中央図書館周辺には東大阪市役所やイオン東大阪店などが在りますのでご用事やお買い物の前後に立ち寄ることも出来ますね。

執筆者:谷口 秋代

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?