街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

伝説

2015年11月29日(日)
0 0 0 0

信じるか信じないかはあなた次第です

宮子姫について

こんにちは。
なんだか気になる。あれって何なんだろ。って経験ありませんか?ありますよね。僕は先日、そういいう経験をしたので調べてみました。
普段は気になることがあっても、ほとんどスルーなのですが、コラムを書くネタとしてちょうどいいと思ったのでネットでコソコソと。何が気になったのかといいますと、御坊市湯川町富安にある【宮子姫の像】です。実は昔から気にはなっていたのですが、調べるほどのものではないだろうと思っていました。あんなに道沿いに大きな像が立っているにもかかわらず、宮子姫の伝説を何も知らないとは・・・御坊市民として少し恥ずかしいです。伝説の内容を事細かに書いてしまうと長くなってしまうので、僕なりにまとめてみました。
御坊になかなか子宝に恵まれない夫婦(海人)がいました。ようやく願いが叶って、女の子を出産することができました。名前を「宮」と名づけました。しかし、宮には髪の毛が1本もありませんでした。母は悩んだ結果、海に入りました。海の中で黄金仏を発見しました。毎日、黄金仏を礼拝しました。夢の中で黄金仏に髪の毛が生えない不憫な娘のことを訴えました。夢から覚めると宮に美しい黒髪が生えていました。しかも、7尺(だいたい2mちょっと)あまりの長さです。近所の人から「髪長姫」と呼ばれるようになりました。
宮の髪の毛はすごく大事なものとされていたので、抜けた毛さえも木の枝にかけていました。その髪の毛を雀がちょっといい家柄の人の庭に運びました。その髪の毛を見たいい家柄の人は一目惚れ(髪の毛に)。そして養女として迎え入れる。名を宮子姫之命と改め、嫁となりました。そして生まれた子どもが後々天皇となりました。
諸説ありますが、だいたいこんなストーリーです。このストーリーを知ったうえで再度、宮子姫の像を見てみると、この人の人生すごい。右肩上がりもええとこやん。って思いました。身近にこんな伝説が隠れていたとは・・・

執筆者:山本真也(アパマンショップ御坊店)

住所 〒644-0012 和歌山県御坊市湯川町小松原 381-7
最寄り駅 紀勢本線 御坊駅/徒歩3分
TEL 0738-32-0321
FAX 0738-32-0345
営業時間 09:00~18:00
定休日 水曜日
会社名 株式会社 和佐
宅建免許 和歌山県知事(6)2903
コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?