街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

冬のお悩み、目の下の乾燥を解消!

2016年01月14日(木)
0 0 0 0

お肌の乾燥はクレンジング剤とワセリンで改善しよう♡

目の下の痛み

オイリー肌、乾燥肌、混合肌など、肌の状態は人によって変わります。
その内のひとつ、乾燥肌の方にとって一番つらい時期が冬ではないでしょうか?
冬はただでさえ空気が乾燥していますし、寒さのあまり空気を入れ替える頻度も下がってしまう傾向にあるため、肌が乾燥しやすくなっています。
特に目の下など、皮膚が薄い部分はカサカサしてしまいがち。
ひどくなってくると、乳液や化粧水をつけた時にしみて痛くなってしまいますよね…。
今回は、そんな目の下のケアについて紹介します♪

クレンジングに注意!

目を大きくぱっちり見せたり、明るく見せたりすることができるアイメイク。
アイラインやアイシャドウを浸かって、しっかりアイメイクしている方はとても多いと思います。
しかし、アイメイクを落とすときに使うクレンジング剤が肌の乾燥を招いているのかもしれません…。

そこのあなた、肌をキレイにするためにしっかりと肌を洗うようにしていないですか?
肌の表面には皮脂膜という、常在菌が外部の刺激からガードしている保護層があります。
皮脂膜があるために、カビや感染症の原因となる菌が繁殖できなくなったり、肌の乾燥を防いだりしているのです。
皮脂膜は洗い流しても再び分泌されますが、元の状態に戻るまでには時間がかかります。
そのため、何度も肌を洗っていると乾燥しやすくなってしまうのです!
強力なクレンジング剤を使っているともちろん皮脂膜の多くが洗い流されてしまいますし、メイクをしっかり落とそうしとして肌をこすると摩擦で肌が傷ついてしまいます。
また、

そのため、肌の乾燥が気になるときは刺激の少ないクレンジング材を使うようにしましょう!
クレンジングミルクやクリーム、ホホバオイルなどは刺激が少ないことで知られています。
また、お湯だけで落とせるメイク用品を使うことでうるおい肌を取り戻すことができるはずです♪

ワセリンを使ってみよう!

しかし、クレンジング剤やメイク用品を変えるだけでは中々早く効果は出てきません。
今すぐに乾燥を少なくしたい、と考えている方はワセリンを使ってみてはいかがでしょう?
化粧水や乳液には添加物が含まれており、乾燥した肌につけると痛みを感じる場合があります。
その点ワセリンには添加物が入っていないため、痛みなく肌のうるおいを閉じ込めることができますよ♪
洗顔後のスキンケアをが終わったあと、ワセリンを薄くのばして塗ってみてください!

執筆者:koizumi

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?