街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(トレンド情報)美容・エステ>じっくり時間をかけたナチュラルメイクの方法~その2~

じっくり時間をかけたナチュラルメイクの方法~その2~

2016年01月27日(水)
0 0 0 0

時間をかけてナチュラルな肌をつくろう♡

カバーするのは気になる部分だけ!

皆さんの中には、シミやニキビ跡、そばかすに悩んでいるという方もいるのではないでしょうか?
誰にだって肌トラブルはつきもの。陶器のような肌は誰にとっても憧れです。
そのため、肌はしっかりファンデーションを塗りこみたいという方も多いのでは…?

地肌を隠したい気持ちはわかりますが、あまり厚塗りしていると実年齢よりも老けてみられます。
また、汗や脂で化粧がヨレやすくなるので、ファンデーションは「薄く」を意識しましょう。
とはいえ、あまり薄すぎると隠したい部分も隠せません。
そのため、ナチュラルメイクをするときは「隠したい所だけ隠す」のがポイント。

まずは、下地クリームを顔の中心から端へと向かって、薄めに塗ります。
その後、そばかすやニキビ跡などの気になる部分に叩き込みましょう!
何もしなくても綺麗な部分には塗らないのがポイントです。

特に気になる部分にはコンシーラーを塗ってぼかしたり、気になる部分にだけファンデーションを塗ってよくぼかしたり(ファンデーションは肌の色にぴったりマッチする物を選んでくださいね♪)すればベースメイクの完成!!

自然なアイメイク☆

顔の印象を左右するアイメイクは、ついついアイシャドウを重ねてしまいがちです…。
しかし、ナチュラルメイクをする時はなるべく自然に!を意識していきましょう♪

◯アイシャドウ(ベース部分)
まず、ブラシを使ってまぶた全体に明るめのシャドウをのせます。
アイシャドウの色はナチュラルなブラウンやオレンジ、ピンクベージュなどがおすすめです。
ただし、パール感の強いものは避けた方がいいでしょう。
その次に、少し濃い目の色のアイシャドウをとり、まぶたのキワに向けてグラデーションを作るように塗っていきます。
このとき、ナチュラルなグラデーションになるようにしっかりぼかしてください!

◯アイライン
アイシャドウの次はアイラインです。
ブラウンのジェルライナーを使い、まつげとまつげの間を埋めるように塗っていきます。
瞼を上へと軽くひっぱりながら、粘膜の部分も埋めていきましょう。
下瞼は全体にラインをひかず、目尻部分にだけペンシルで薄く塗ってぼかします♪

◯アイシャドウ(ぼかし)
アイラインを引き終わったら、次は少し濃い目のアイシャドウを使ってぼかしを入れていきます。
アイチップに少し濃い目のブラウンをとり、少しずつぼかしましょう!
まぶたのキワはほんのすこし濃い目にすると、立体感のある目元になりますよ♪

◯マスカラ
瞼のメイクが終わったら、仕上げのマスカラです(ビューラーの部分は省略します)!
マスカラもなるべく薄くをイメージしながら塗りましょう。
繊維が入っていて、まつげを細~く長~くしてくれるタイプのものがオススメです。
根本からササッとマスカラをつけたら、コームを使ってダマをとってください!

そして最後に、全体のバランスを見ながらふんわりチークを入れてナチュラルメイクの完成です!
自然なのにしっかりと手が込んだ仕上がりになったと思います♪
少しこだわったメイクをしたいという時にチャレンジしてみましょう!

執筆者:koizumi

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?