街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

和室は背の低い家具でまとめてみよう

2016年01月26日(火)
0 0 0 0

和室に最適な家具を選ぼう

和室には背の低い家具

畳やふすまなどが使われている和室は、洋室とは違った良さがあります。
日本人にとって和を感じられる和室というものは心が落ち着き、癒されるのではないでしょうか。
そのままゴロリと横になってくつろげる畳が好きだという方もいらっしゃるでしょう。
和風が好きな方は、賃貸物件を借りるときにも和室のお部屋を選ぶと良いかもしれません。
インテリアにこだわりたいときには、和室に置く家具は背の低いものを選びます。
和室では畳に座って過ごすため、目線が低くなります。
背の高い家具があると圧迫感を感じやすくなるので、避けたほうがよいと言えます。
もし、圧迫感を感じるのであれば、床に花器を置いて花を飾ると圧迫感が解消されるかもしれません。
和風の花器はインテリアにもなりますし、趣が感じられて良いでしょう。

余計なものは置かない

和室のインテリアのポイントは、ゴチャゴチャと物を置きすぎないようにすることです。
畳のある広い空間が和室の魅力となっており、空間が意識されていないと和室の良さが減ってしまうかもしれません。
物が多いと落ち着きもなくなり、良くありません。
落ち着かないお部屋では、和室の持つ癒しも感じにくくなるでしょう。
広い空間でゆったりと過ごせるように配慮してインテリアコーディネートを行うと良いのではないでしょうか。

照明や小物選びのポイント

和室をリビングルームのように日常的に使うのであれば、足元までしっかり見える照明が必要です。
天井から吊り下げる形の照明を置き、間接照明として部屋の隅に小さな和風の照明を置いてみると良いのではないでしょうか。
また、和室を寝室として使う場合には、枕元で操作する事が出来る小さめのライトがあると便利でしょう。
和紙で光りを和らげる行灯風のライトなども和風になりますのでおすすめです。
また、余計なものは置かないようにコーディネートすることがコツですが、最低限の座布団やテーブルなどは必要になります。
そこで和室に置く小物や家具は、一点一点が高級に見えるようなものを選ぶと良いでしょう。
高級感が感じられる小物は、値段をケチらずに高めでも買って損しないと思います。
鉄器や陶器といったアイテムは、和室に特に相性が良いものです。
安物だと分かるようなものは避けて、落ち着いた雰囲気になるようなものを選びましょう。
障子やふすまなども工夫して和室を高級感のあるホテルのようにコーディネートしてみてはどうでしょうか。
お客様用のお部屋であれば、インテリアにも気合いを入れてみると良いでしょう。

執筆者:saori

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?