街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報
賃貸情報>店舗発!地域情報>(トレンド情報)ペットマンション>一人暮らしも寂しくない♪♪一人暮らしでも飼いやすいペット~その4~

一人暮らしも寂しくない♪♪一人暮らしでも飼いやすいペット~その4~

2016年02月08日(月)
0 0 0 0

小動物は見ているだけで心が和みますよね♪♪

一人暮らしでも飼いやすいペット「フェレット」

小動物の定番であるハムスターに続く人気のペットといえば「フェレット」です。
フェレットとは、イタチ科の動物です。
白くふんわりとした毛並みとつぶらな黒い瞳が特徴的で見た目にも大変かわいい動物です。
好奇心が旺盛な性格で、何でも臭いを嗅いだりまとわりついたりします。
一人暮らしだと、留守にしがちな場合が多くなります。
その場合に気になるのが排泄のしつけですが、フェレットは猫や犬と同様にトイレのしつけが可能です。
愛くるしい見た目が特徴のフェレットですが、意外や意外、じつは肉食なんです。
ハムスターのように野菜をあげるのではなく、フェレットには専用のフードをあげるようにしましょう。
フェレットは一回に決まった量しかえさを食べないという性質があります。
そのため、留守にする場合でも朝に1日分のえさを与えておけば、必要な回数にわけて食べるのでこまめにあげる必要がありません。
好奇心が旺盛な性格ですが、一日の半分以上は眠っているので安心です。
フェレットは暑さが苦手な特徴があります。
夏に自宅を留守にする場合には、注意が必要ですね。
飼う前に気をつけたいのが、病気になったときにかかれるお医者さんが近くにいるかどうかです。
フェレットの場合は、犬や猫と違い診療対象外になっていることがあります。
そのため、フェレットを飼う前には受診が可能な病院が近くにあるか確認しておきましょう。

一人暮らしでも飼いやすいペット「うさぎ」

うさぎは、「寂しいと死んでしまう」ということをよく聞きますよね。
どうしてそのように言われるのか、その理由としてはストレスに弱いという特徴があるからです。
でも、寂しいということがストレスの要因となるとは言い切れません。
大きな音や急激な温度の変化がうさぎにとってのストレスになると言われています。
それは人間も一緒ですよね。音にしても室温にしても穏やかに暮らせる環境を作ってあげることが大切です。
また、スキンシップも過剰になるとストレスとなる場合があるのです。
うさぎを上手に飼うのであれば、スキンシップも過剰になり過ぎないようにしましょう。
うさぎを飼う場合、ゲージの中に入れておくことになりますが、きれい好きな特性があります。
ゲージが汚れていると、遊び場を失いストレスに感じることがあるそうです。
それが原因で皮膚病になってしまう場合もあるとか。
ゲージの中は、常にきれいにしておくことを意識しましょう。

執筆者:akiko

コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?