街のお役立ち情報からおもしろネタまで! 店舗発!地域情報

誰もが知ってるあのタヌキ

2016年02月09日(火)
0 0 0 0

あんたがたどこさ♪手まりを抱える子タヌキさん

あんたがたどこさ♪

あんたがた どこさ 肥後さ
肥後どこさ 熊本さ 熊本どこさ 船場さ
船場山には 狸がおってさ
それを猟師が 鉄砲で撃ってさ
煮てさ 焼いてさ
それを木の葉でちょいと隠せ

この手まり唄、だれでも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

わたしも子どもの頃、ボールをつきながら楽しく遊んでいました。
楽しい反面、
「タヌキ、食べちゃったんだ・・・」
実物のタヌキより、紫香楽焼のタヌキや
アニメに出てくるようなおどけた表情の可愛いタヌキのイメージしか無かった子供の頃、
とちょっとショッキングな唄でもありました。

舞台はここ熊本!

さて、この「肥後のてまり唄」
ずっと「あんたがたどこさ」という名前だと思っていましたが
そんな事はさておき、

舞台はここ、肥後の国「熊本」です。
(関東地方の唄ではないかとする異説もあるようです。)

あまり知られていませんが、もう一節

あんたがた どこさ 肥後さ
肥後どこさ 熊本さ 熊本どこさ 船場さ
船場川には エビさがおってさ
それを漁師が 網さでとってさ
煮てさ 食ってさ
それを木の葉でちょいと隠せ

というのもあります。

「船場川」と「船場山」

この唄の舞台になっている「船場川」ですが、現在の熊本に流れている
「坪井川」のことで、

昔、この川の両岸に船着き場があったので「船場」の名前で呼ばれていたそうです。

唄が作られた当時、川には小エビがいて
周りは「船場山」と唄われているように、狸が生息する小高い丘のようなもの
があったとか。

愛されタヌキ

現在、熊本市中央区新町の中央郵便局前には
市電の電停「洗馬橋電停」があり(なぜか電停は漢字表記が船場と異なります・・・)
この辺一帯は「あんたがたどこさ♪」一色になっています。

電停のホームにはこのメロディが流れていたり、
信号機のメロディがそれだったり。

そして至る所にタヌキのモニュメントが存在しています!

電停の前にはカワイイ親子タヌキ、
郵便局の前のポストの上にもタヌキ、
文房具屋さんの前にも大きな白タヌキ。

更には坪井川にかかる「船場橋」があり、
橋の欄干にはタヌキとエビのモニュメントまであるのです。

特にこの親子タヌキさんは2月16日がお誕生日らしく、
毎年「肥後てまり唄顕彰会」主催の誕生祭がおこなわれ、
近くの保育園の子どもたちがお祝いにこの唄をうたってくれているそうです。

この親子タヌキの体の各部を撫でると、撫でる場所によってさまざまな
ご利益があるそうですよ。

誰もが知っているこの有名な「肥後てまり唄」のタヌキは
今も熊本で皆さんに愛されているのです。



執筆者:郷(アパマンショップ渡鹿店)

住所 〒862-0970 熊本県熊本市中央区渡鹿7丁目 8-53
最寄り駅 豊肥本線 東海学園前駅/徒歩10分/渡鹿7丁目バス停より徒歩2分・JR東海学園前駅より徒歩約10分
TEL 096-372-7109
FAX 096-362-6115
営業時間 09:00~18:00
定休日 毎週水曜日(1~3月は定休日無しで営業しております!)
会社名 株式会社 豊不動産
宅建免許 熊本県知事(13)920
コラム検索
キーワードで探す
店舗・エリアで探す
ページトップ?