1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 「ペットと暮らす」という選択を可能にするペット可物件(1)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ペットと暮らす」という選択を可能にするペット可物件(1)

ここ数年、一人暮らしでペットを飼う人が増えてきました。寂しさを埋めたいという気持ちや、がんばっている自分への癒しとしてという気持ちでペットを飼いたいと思う人が多いです。
一人暮らしは、自由に過ごすことができ、好きなときに好きなことができることが魅力です。ですが、ふとした瞬間に寂しさが感じられます。
そのようなときに、あいくるしいペットは飼い主の寂しい気持ちを埋めてくれます。

ペットの種類

ペットの種類はさまざまです。
ペットの代表格ともいえる犬や猫、ハムスターなどの哺乳類。その他にも、カメやヘビなどの爬虫類。インコや、フクロウなどの鳥類。熱帯魚や、めだかなどの魚類。
更には、カブトムシ、スズムシなどの昆虫をペットとして飼育する人もいます。
飼い主によって何に癒しを感じるのか、ペットに何を求めているのか、人それぞれ違うのでペットの種類は多様化しているといえます。

ペットと暮らす生活

ペットはかわいくて、癒しを与えてくれるかけがえのない存在です。帰宅したときに、愛くるしく迎えてくれたりするだけで一日の疲れもわすれてしまいます。ですが、一人暮らしでペットを飼うということは、多少の問題もあります。
一人暮らしだとどうしても自分の留守時は、ペットが孤独になってしまいます。
仕事で家を空けることは仕方がないことですが、寂しさを感じやすいペットだとストレスを感じてしまいます。
なかには、毎日散歩が必要なペットもいます。普段は問題がなくても、忙しい時期や、体調を崩したときなどは、飼い主の負担となってしまいます。
このように、世話をできる人が自分しかいないと、何かあった場合十分に面倒をみれない可能性があります。
ペットとよりよく暮らすために、事前にペットを預かってくれる人を探しておいたり、ペットの病院も把握しておくといいです。
また、自分が世話できないときに、ペットホテルに預けることもできます。
最近のペットホテルは預かってくれるだけでなく、散歩やトリミング、更にはエステなどを施してくれるところが増えてきています。
近年、ペット向けのサービスはどんどん充実していっています。

一人暮らしでも飼いやすいペット

一般的に猫は、手がかからないペットと言われています。散歩の必要性もなく、日中留守にしていても、猫はマイペースに過ごしているからです。
また一人暮らしの狭いスペースでの飼育でも、ストレスを感じにくいといわれています。
ある程度自立しているので、一人暮らしに向いているペットといえます。
他にも魚類や、鳥類も手間もかからなく、比較的世話が楽です。
ペットと楽しく暮らすためには、自分自身の生活環境に合ったペットを選ぶということが重要です。

「ペットと暮らす」という選択を可能にするペット可物件(1) ページ上部へ戻る