部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. リノベーションってなに?

リノベーションってなに?

長い時間を過ごすことになる自宅。自分の理想とした自宅に住みたいと思う方は大勢います。
しかし理想を現実にするのは容易ではありません。
「一戸建てに住みたいけど新築を買うには費用が高すぎる」という金銭面での悩みや、すでに一戸建てに住んでいても「今の古い家をもっと住みやすくしたい」「内装を好みのものに変えたい」という、住みやすさや好みの面で満足していないケースもあります。
そんなとき最適なのが「リノベーション」です。
あまり聞きなれない言葉ですが、最近はリノベーションする住宅も増え需要も高まってきています。
リノベーションで理想のお家を手に入れるのも一つの方法です。

■リノベーションって何
ではリノベーションは何かというと、建物に改修工事を行うことで新しい機能を追加したり、間取りを変更して建物を一新させたりすることをいいます。
既存の一戸建て住宅をリノベーションすることで、綺麗で新しいお家を新築よりも安く購入することが可能です。
また、畳の部屋をフローリングに変更することやキッチンの設備、それからお風呂場やトイレなど、家の気になる部分を自分好みに変更するといったことも可能です。

■リフォームとリノベーションの違いは
「ちょっとまって、それってリフォームじゃないの?」と思う方がいらっしゃるかもしれません。
どちらも住宅をつくりかえるという点は一緒ですが、リフォームとリノベーションの違いを説明します。
リフォームは、古くなった家の「原状回復」を目的としており、ノベーションは家の「新しい機能の追加」を目的としています。
例えば、古くなった壁紙や痛んだ床の張替えなど改善することが目的の場合はリフォームです。
自分好みのデザインへの変更や、家族が増えたなどの理由による間取りの変更はリノベーションになります。

■リノベーションされた物件に住む為には
リノベーションされた物件に住む方法は2つあります。
まず1つ目は、最初からリノベーションされてある物件を購入借りる、もしくは購入する方法です。
最近ではリノベーションされたマンションなどの賃貸物件や、購入可能な一戸建ての物件も多くあります。
内装は新築とほとんど変わらないわけですから、築年数を気にしない人には嬉しい物件と言えます。中古物件なので家賃や購入費用を抑えることができるのも魅力的です。
2つ目は、自分で賃貸物件や自宅をリノベーションする方法です。賃貸物件は借主に許可を取る必要がありますが、中古物件を購入した場合は自由にリノベーションが可能です。
自分好みの間取りに変更したり、床や壁紙を自分好みにすることで理想の住まいを手に入れることが可能です。
メリットの多いリノベーションですが、築年数によっては耐久性に不安がある物件もあるので注意が必要です。
建築基準法が改善される前に立てられた物件はリノベーションを検討する前に専門家に相談したほうが安心です。

【関連リンク】

リノベーションってなに? ページ上部へ戻る