1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. ここが気になる賃貸 防音について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここが気になる賃貸 防音について

マンション・アパートなどの集合住宅で一番トラブルになりやすいのは騒音トラブルです。
部屋同士が隣り合っている為お互いの生活音が伝わりやすくなっており日常的なストレス要因になりやすい為です。その結果近隣住人との騒音問題に発展するケースが少なくありません。
騒音がトラブルになりやすいと知っている人は多いですが、逆に防音性の高い賃貸物件はどん物があるか知っている人は少ないようです。
いつ自分自身が被害者・加害者になってしまうかわかりません。後々公開しない為にも防音性の高い部屋を探すことは大切です。

防音性の高い賃貸物件とは

建物の構造によっても音の響きやすさや振動の伝わりやすさは大幅に変わるため、まずは防音性の高い建物を選びます。
一般的に木造等のアパートタイプよりも鉄筋コンクリート造等のマンションタイプの方が防音性が高いと言われています。
最近では楽器や映画を大音量で楽しみたいという人の為に、最初から防音設備の整った賃貸物件やレンタルできる防音部屋もあるのでこういった施設やサービスを利用することも大切です。
部屋の位置も重用です、両隣に部屋があるよりは角部屋のほうが気を配る必要がありません。同じように上下に部屋があるよりも一階か最上階を選ぶほうが騒音リスクが少なくすみます。
最近はアパートタイプでも遮音性の高い壁素材や床素材を使って昔よりも防音性が高くなっている物件も出てきています。

防音対策をしよう

次に防音性の高い部屋をより効果的にするため、自分でできる防音対策も行います。
子供がいる家庭では、走り回る音が隣接する部屋に響きトラブルになってしまう場合があります。床に防音マットや絨毯をしくと、振動が吸収され音を大幅に抑えることができるのでぜひ取り入れましょう。
隣の住居と隣接している壁に、家具や防音シートを貼るのも効果的です。カーテンを遮音カーテンにすると、こちらの音が漏れにくくなるだけでなく、外の工事音なども防ぐことができます。
ドアの開け閉めの音も響きやすいのでドアのふちにクッション性のあるシートを貼り付けるのも防音性を高くします。

どうしようもならない時は

どんなに防音対策をしても、完全に騒音を抑えることはできません。
もし我慢できないほどの騒音被害にあってしまった場合、大家さんに相談にのってもらいましょう。
また、自分が知らず知らずのうちに騒音を出してしまっていた場合、注意されたら素直に聞き入れることがトラブルを回避することに繋がります。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

ここが気になる賃貸 防音について ページ上部へ戻る