部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 中古マンションの特徴を知り自分に合った物件を購入する

中古マンションの特徴を知り自分に合った物件を購入する

中古マンションを購入する魅力とは、やはり価格ではないでしょうか。
新築マンションに比べ価格は2割から3割抑えられます。また新築マンションに比べて物件の数が多いことが魅力です。
新築マンションの購入を検討していた人が、中古マンションも視野に入れ始めるのは広さの問題です。新築マンションと価格が同じならば多くの中から広い物件を選ぶことができる中古マンションが人気なのです。
最近ではリノベーションという言葉も聞かれるようになりました。リノベーションとは新築の状態よりも性能価値を高めることを言います。リノベーションにより中古マンションをデザイン性が高い便利な現代的なスタイルに変更することができます。

■新築マンション、中古マンションそれぞれの特徴
新築マンションはまず誰も住んだことの無い何もかも新しいということが魅力です。また施設や設備も最新のもので充実しています。
中古マンションは価格が安く物件数が豊富です。また実際に部屋を見ることができます。
部屋を見れるということは、日当たりや眺望を実際に確認することができるのです。また周りにどんな人が住んでいるかや、周辺の環境を確認することができます。そしてリフォームにより自分に合った住環境を整えることができます。

■中古マンションのリノベーション
リノベーション物件を購入するメリットはやはり価格です。同じ広さの新築マンションに比べ最新の設備を安く購入することができます。価格を抑えられる分、立地や環境の選択の幅が広がります。また自分で購入後にリノベーションする場合は、注文住宅のように自分らしい住環境に作り変えることができます。
ただマンション本体の改築はできないので、築年数には注意が必要です。旧耐震基準のマンションでは、現行の基準で耐震審査を受けているか確認が必要でしょう。
また玄関やバルコニーなどの共用部分は、単独ではリノベーションできない場所になります。この部分の改修状況を調べたほうが良いでしょう。
中古マンションであれば自分に合った条件の物件を、数多くの中から選ぶことができます。絶対に外せない条件がある場合には、中古マンションを購入しリノベーションをするのもよい方法です。

【関連リンク】

中古マンションの特徴を知り自分に合った物件を購入する ページ上部へ戻る