部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. ペットと住める賃貸物件を探すときに

ペットと住める賃貸物件を探すときに

以前に比べてペットと住める賃貸物件は増えてきています。
ひとくちにペットと住める賃貸物件といっても、設備や条件にはさまざまな違いがあります。

ペット可物件とペット共生型賃貸住宅
ペットと住める賃貸物件を希望するとき、従来であればペット可あるいはペット相談と表示されている中から探すようになっていました。
これらは物件の管理規約でペットを飼うことが認められているということを示します。
ただしペット可とはいえ犬はよくても猫はだめだったり、多頭飼いは認められなかったりと制限されていることもあり、お部屋探しに苦労した方も多かったでしょう。
こういったこれまでのペットと住める賃貸物件のほかに、近年はペット共生型賃貸住宅とよばれるものを見かけるようになりました。
このタイプは基本的にペットと一緒に暮らすことを前提として設計、建築されたものです。
物件によって多少の違いはありますが、敷地内に居住者専用のドッグランやペットの足洗い場が設けられていたり、居室内のペットスペースの消臭対策設備があったりします。
より快適にペットと住める賃貸物件を探したいという方は、ペット共生型に絞ってみてもいいでしょう。

■お部屋探しのときに気をつけたいこと
家賃や間取り、居住スペースの設備など、お部屋を探すときにはいくつかの希望は必ずあるものです。
それに加えて周囲の環境がペットと暮らすために適しているかを確認することも、ペットと住める賃貸物件を探すときには大事になります。
普段から車を使って出かける方は別として、自転車や徒歩という方であれば移動しやすい距離の圏内にペットショップや動物病院があればより安心でしょう。
近隣住民に迷惑をかけないようにすることも大切ですから、心配だと思うことがあれば最初の段階で管理会社や大家さんに伝えておくことも必要です。
また一人暮らしではなくお子さんがいるファミリーですと、一軒屋とか1階と2階を使うメゾネットタイプで物件探しをする方もいます。
その場合でも近隣とトラブルにならないよう、ペットと暮らすマナーは守るべきです。

■新たな生活をスタートさせたあとは
これまで一緒に暮らしてきたペットでも新しく飼い始めたペットでも、人間と同じように環境の変化に慣れるまでには時間がかかります。
お部屋の中でペットにとって危険な場所があったり思ったより不便に感じたり、住み始めてから気づくことがあるかもしれません。
完璧な生活というのはなかなかできるものではないですが、少しでも快適に暮らせるよう工夫することでペットのストレスも軽減されます。

ペットと住める賃貸物件は増えてきたというものの、まだまだ制限があるのも事実です。
またペット可だからといってどんな飼い方をしてもいいというわけではありません。
自分にとって理想的といえるペットと住める賃貸物件の条件は人それぞれですから、優先順にあわせて根気強く探してみましょう。
今はペット=家族の一員といえる時代になっています。
大事な家族と楽しく暮らしていくために、ペットと住める賃貸物件を探すときには現在の状況と将来的な部分を十分に考慮することが必要です。

【関連リンク】

ペットと住める賃貸物件を探すときに ページ上部へ戻る