部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. テナント物件の立地と種類について

テナント物件の立地と種類について

街中でみかけることの多い「テナント募集」の看板や張り紙。
テナントとは何か、なんとなく理解はしていても説明できる人は少ないです。ではテナントとはどういったものでしょう。

■テナントって何
テナントとはビルや貸家を借りる、 借り手のことです。しかし賃貸マンションなどはテナントと呼びません。
ビルやショッピングセンターなどの一部の敷地を、事務所やショップといった商業店舗として利用する場合にテナントという言葉を使います。

■さまざまな立地
テナント募集している物件にはさまざまな立地のものがあります。物件を借りたい場合は事務所や飲食店など、使用条件にあったテナント物件を選ぶことが重用です。
テナント募集をしている物件の立地は、大きく分けて【駅前型】と【郊外型】の2種類です。

〇駅前型 駅前型はその名の通り駅周辺の物件になります。駅を利用する顧客をターゲットにしており、ビル内の物件が多いことからビルイン型とも呼ばれます。

〇郊外型 郊外型は、町中から離れた立地にあります。交通量の多い国道等に面していたり、ショッピングセンター内など車利用の顧客をターゲットとしたのが郊外型です。

■内装の種類
内装の種類も大きく分けて、【スケルトン物件】と【居抜き物件】があります。

〇スケルトン物件 内装や設備がないので借主が自由に店内をデザインすることができます。デザイン性を重視するアパレルショップならスケルトン物件が適しています。しかしその分工事費やオープンまでの時間を要します。退去時の現状回復時にスケルトンに戻すのかそのままで退去出来るのかも忘れずに確認しておくことも重要です。

〇居抜きき物件 前の借主の内装が残っている物件です。内装にかかる工事費を抑えることができますがデザインやレイアウトが限られます。飲食店などは設備をそのまま活かせるので適しています。残っている設備を使う時に「造作設備買取費用」などの費用が発生する場合もあるので条件の確認を忘れずに。

■料金の変動
テナント料は、場所や立地によって大きく変動します。
同じ広さや設備であっても、人通りの多い道路に面した建物と、人通りの少ない裏通りに面している建物ならば前者のほうが顧客を獲得しやすい為、テナント料金も高くなります。
同じビル内であっても人目につきやすい1階の店舗と、人目につきにくい3階の店舗ならやはり1階のほうがテナント料金が高くなります。

■原状回復
物件によっては原状回復が必要なものもあるので注意が必要です。
原状回復とは、借り主が契約を終えた物件を、借りる前の状態に元に戻して貸し主へ返すことです。

もし事務所やショップを持ちたいと考えるなら、以上の点をふまえた上で条件にあったテナント物件を見つけることが重用です。

【関連リンク】

テナント物件の立地と種類について ページ上部へ戻る